また心にもないことを言ってしまった…! つい使ってしまう社交辞令7つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2019.08.29.Thu

人間関係を円滑にするためにも私達ってしょっちゅう社交辞令を言うもの。今回はそんな、全く本意ではないけれど使ってしまう社交辞令あるあるを集めてみました。

可愛い!

「新しい服を買った」「髪を切った」「赤ちゃんが生まれた」「彼女ができた」などなどを友達に言われたり、写真を見せられたりした時に反射的に言ってしまう「可愛い!」という社交辞令。
本当は心の中で「うわ……!」と思っていたとしても、とっさに出る言葉は「可愛い」。「可愛い」こそ正義であり、魔法の言葉なのです。

今度ご飯でも!

ちょっと話が盛り上がったけどその場から立ち去らなければならない時に言う「今度ご飯でも!」という社交辞令。
一応LINEを交換したりしますが、よほどのことがない限りその後連絡をすることはなかったり。ちなみに話が盛り上がっているように見えて、相手がこちらのことをすごく気に入っているようだけど、本当はその場から逃げたい時にも適当に「今度ご飯でもいきましょう!」と言ってしまうことがあるのです。

行けたら行きます!

99%行く気はないけど、「行きたくない!」とは言えないのでとりあえず言う「行けたら行きます!」という社交辞令。これを言われた相手は「あ、こいつ、来る気ないな」とすぐに察知するので、はっきり言って社交辞令にはなっていないのですが!

お若く見えますね!

年上の人と年齢の話になった時に言う「お若く見えますね!」という社交辞令。本当は「いやいや、まあ年相応だよね」とか「え!? 思ってたよりも若かった! もっと年上かと思ってた!」ということがほとんどなのだけど、そんなことは絶対に言えないので、「若く見える」と言って相手を持ち上げておくのです。

また誘ってください!

別に次誘われても行く気はないけれど言う「次は参加したいので、また誘ってください!」という社交辞令。
実際、次に誘ってもらってもおそらくまた行かないのだけれど、誘われないのは寂しいからという自己中心的な理由で言ってしまう社交辞令なのです。

彼氏、優しそうだね

友達の彼氏の写真を見せられた時に言う「彼氏、優しそうだね!」という社交辞令。
正直全然イケメンでもないし、会ったこともないので褒めるポイントが見つからない時に使う「優しそう」という可もなく不可もない一言。言われた友達は、「ああ、多分ブサイクだなって思ったんだろうな」と思うものの、下手にブサイクな芸能人に似ていると言われるよりは、優しいと言われているほうが良いかも。

そんなことないよー

誰かに褒められた時に言う「そんなことないよー」という社交辞令。本当は心の中で「私ほど努力した人なんていないんだから、当然でしょ?」と思っていたとしても、そんなことを口に出して言ったら嫌な奴なので、ひたすら謙遜しまくるのです。

みなさんも毎日なにかしらの社交辞令、口にしていませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。