卵の殻、砂糖の塊…小さいことだけど、料理中にイラッとすることあるある

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2019.08.10.Sat

お腹が空いて、早くご飯を食べたいときに限って、その行く手を阻むハプニングが起きるもの。今回はそんな、小さいことだけど、料理中にイラっとすることあるあるを集めてみました。

料理中にイラッとすることあるある

弱火にしていたのに吹きこぼれる

強火にしていると目を離したすきに一気に吹きこぼれてコンロ周りが汚れてしまうので、気を使って弱火にしていたのに、そんな気遣いも虚しく吹きこぼれること。コンロ周りも鍋も汚くなり、食事を食べたあとの片付けのことを考えるとイライラするのです。

卵を割ったときに小さな殻が入ってしまう

卵の殻を割ったときに、小さな殻が入ってしまうこと。その小さな殻を取り除こうとするも、これがなかなか取れなくて腹立たしい! 結局「あーもう、こんなもの食べられるからいいや」と料理を続行するも、食事中にジャリっという感触に「やっぱり取っておけばよかった……」と思うのです。

ひじきがザルに詰まる

ひじきを水で戻したあとにザルで水切りをしようとすると、ひじきがザルに詰まること。こすって取ろうとすると、ザルの目にもっと詰まってしまうこともしばしば。早く食事の準備をしたいのに、ザルに詰まったひじきとの戦いでかなりの時間をロスすることも。

砂糖が容器の中で塊になっている

料理にサッと大さじ一杯砂糖を加えたかったのに、砂糖が容器の中で塊になってしまっていること。密閉容器に入れているはずなのに、どこからともなく湿気の被害を受けて、どんどん塊ができてしまうのです。料理を始める前に砂糖を崩す作業をしておかないと、手際よく砂糖を加えることができずイライラ。

ゆで卵の殻がキレイにむけない

ゆで卵の殻がキレイにむけずに、ボロボロになること。ボロボロになるレベルならまだしも、小さな卵の場合ほとんど白身の部分がなくなってしまうことも。見た目も悪いし食べるところもほぼ黄身になってしまうし、わざわざ15分ほどかけてゆで卵を作ったのに、その時間を返せと思ってしまうのです。

キッチンが狭すぎて料理中に置き場所がない

キッチンの調理台が狭すぎて、ボールやお皿や調理器具を置きたくても置き場所がないこと。結局床に置いたりするのですが、それを誤って蹴飛ばしてしまい大惨事が起きることも。大きなキッチンがある家を見ると、うらやましさしかないのです。

計量スプーンを使う順序をミスってしまう

いろんな調味料を混ぜるときにはまず粉物に計量スプーンを使って、最後に液体系の調味料に使えばいちいち洗わずに済むのに、間違えて最初に液体系の調味料を量ってしまうこと。いちいち洗ってまた拭いてというちょっとした作業が本当に面倒くさいのです。

ささっと食事を作りたいときに限ってこういうことって起きるんですよね。みなさんもこんな経験ありませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。