この夏こそは! と思っても…。バッサリ髪を切る勇気が出ない理由4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.06.26.Wed

数年前にショートブームが来たこともあり、「私もバッサリ切りたいな」なんて思ったことのある人もいるのでは? しかもこれからの暑い時期は、さっぱりしたショートヘアがラクだし映えますよね。しかしいざ美容院へ行くと躊躇してしまい、切ってもミディアム止まりになることも。そこで今回は「バッサリ髪を切る勇気が出ないわけ」について、女性陣にリサーチしてみました。

バッサリ髪を切る勇気が出ないわけ

1. 似合わなかったら怖いから

「いままで一度もショートにしたことがないので、『もし似合わなかったら』と思うと怖くなる」(30代/営業事務)

▽ 女性のロングヘアって、基本誰でもかわいく見えますよね。でもショートってごまかしがきかないので、似合わない人はとことん似合わないもの。また想像と全く違う仕上がりになってしまうことも……。切るのは一瞬だけれど、髪を伸ばすのには時間がかかります。そのリスクを考えると、バッサリ髪を切るのは躊躇してしまうのです。

2. 周りにツッコまれるのが面倒だから

「職場の子がショートにしたのですが、周りから何度も『髪切ったんだね!』と声を掛けられていた。私はあまり人と話すのが得意じゃないので、上司にツッコまれても多分苦笑いしちゃうかも……」(20代/一般事務)

▽ 周りの反応を考えると、大胆なイメチェンも億劫に。しかもいまどき髪を切っただけで「失恋したの!?」なんて言ってくる人もいます。なるべく目立ちたくないからこそ、いつも同じ髪型をキープしてしまうようです。

3. 結べないと何かと不便な気がするから

「昔ショートヘアにしていたことがあるんだけど、伸びかけで結べない時期って本当鬱陶しいんだよね。それならロングでポニーテールにしていたほうが、夏場は涼しい気がする」(20代/アパレル)

▽ たしかに結べる長さがあったほうが、何かと便利なこともありますよね。そのため髪を切るにしても、ミディアムくらいで留まる女性もいるようです。それにショートを維持するのであれば、定期的に美容院へ行かなきゃいけないもの。それが面倒だからこそ、バッサリ切るのはためらってしまいます。

4. 美容師さんに「本当に良いの?」と聞かれるから

「ロングからバッサリショートにしようと思ったのですが、美容師さんから『こんなにキレイに伸ばしたのに本当に良いの!?』と何回も言われて。そのうちにだんだん『たしかにもったいないかも……』と感じるように。結局毛先だけそろえて終わりました(笑)」(20代/住宅)

▽ イメチェンする覚悟を決めて美容室へ行ったものの、髪の毛のプロである美容師さんから「本当に切って良いの?」と言われると戸惑うもの。「やっぱりこのままのほうが良い?」「もしかして遠回しにショートは似合わないってことなのかな?」と考えてしまいます。結果髪の毛はいつでも切れるし……と思い、毛先数センチを切って終わることも。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]