意識高い系に憧れるけど…女性を悩ませる「理想と現実」のギャップとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.05.22.Wed

「意識高い系」や「丁寧な暮らし」などのワードが話題になる昨今。彼女たちの暮らしを見るたびに触発されるものの、結局3日坊主で終了。本来のズボラな性格が見え隠れしてしまいます。そこで今回は、女性を悩ませる「理想と現実」のギャップについてご紹介します。

(1)朝は余裕を持ちたいけれど…

「朝は最低でも出勤の2時間前に起きて、朝食やメイクに余裕を持ちたい。でも現実はギリギリまで爆睡して、いつも慌てています」(20代/一般事務)

▽ 余裕を持って朝を迎えられると、1日中落ち着いた気持ちを保てそうですよね。でも睡魔には勝てず常にバタバタ。忘れ物は増えるし、メイクにも納得がいかないしで、朝からドンヨリしてしまいます。「何で昨日の夜もっと早く寝なかったんだろう!」と毎朝後悔続きに。

(2)自炊を頑張りたいけれど…

「節約と健康のために自炊を頑張りたいのに、仕事から帰ってくると疲れて何もしたくない。結局カップラーメンやコンビニのお弁当ばかり食べています」(30代/営業)

▽ 慣れれば冷蔵庫の残りものでパパッと料理ができるのでしょうが、そこに行きつくまでが大変。それに失敗の可能性を考えると、確実においしいコンビニや外食に頼りがちに。「洗い物も少ないし、すぐ食べられてラクなんだよな~」と、誘惑に負けてしまいます。

(3)夏までに痩せたいけれど…

「毎年『夏までに○キロ痩せたい!』と言いつつ、何もしていない。むしろ最近太りつつあります……」(30代/接客)

▽ 理想では夏までに体を絞って、水着を着たいもの。しかし現実はズルズルとダイエットが延ばされていき、気が付いたら夏が終わっています。スタイル抜群の芸能人を待ち受けにして、美意識を高めましょう!

(4)貯金をしたいけれど…

「将来のために貯金をしたいけれど、毎日生活するだけでカツカツ。もっと給料上がらないかなぁ」(30代/通信)

▽ 本当は少しでも貯金をしたいけれど、現実は生きていくだけで精いっぱい。生活にゆとりが持てず、困ってしまいます。最近ではダブルワークをして、収入を増やしている人も。もし職場が副業OKなのであれば、もうひとつ新しい何かにチャレンジしてもいいかも。

(5)彼氏が欲しいけれど…

「何年も彼氏が欲しいと言いつつ、出会いの場に行くのが面倒くさくてそのまま。最近になっていい加減ヤバいかなと思ってきた」(20代/住宅)

▽ 現代では出会いの方法も格段に増えつつありますが、だからといって理想の男性に出会えるとは限りません。彼氏は欲しいけれど面倒くささが勝ってしまい、休日は家でゴロゴロ……。婚活はある意味勢いが大切です。仕事終わりに街コンやバーへ出掛けてみるなど、何かのついでに思い切って行動するといいかも。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]