芸能人と友達は定番!? 奥が深い「夢」あるある5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2019.05.02.Thu

覚えている日もあれば、すぐに忘れてしまう日もある夢。とはいえ、夢を見たことがない人はいないのではないでしょうか?
現実ではありえない出来事も、夢のなかでは当たり前かのように見えて、まさに夢中になってしまうこともありますよね。ここではそんな夢あるあるを聞いてみました。

共感できる!? 夢あるある

1: トイレを我慢していると夢にトイレが出てくる

「現実世界でトイレを我慢しているときは、必ずといっていいほどトイレが夢に出てくる。これは夢だと気づきながら、ああトイレに行きたいなって思ってだんだん目が覚める」(30代/看護士)

▽ もっとも多かったのは、現実世界でトイレを我慢していると、夢にトイレがあらわれるというものでした。
とはいえ、夢のなかでトイレがあっても現実では用を足せないもの。スッキリするためには、一度目を覚ましてトイレに行く必要があるのが面倒なところ。

2: めちゃくちゃな設定でも違和感がない

「芸能人が友達とか、芸能人と恋に落ちるとか、めちゃくちゃな設定でも夢なら違和感がない。朝起きてドラマを見ながら夢のなかでこの俳優は私の元彼だったのになぁと思いながら複雑な気持ちになる(笑)」(20代/学生)

▽ 現実ではありえないという設定でも、自然とありえてしまうのが夢の世界。芸能人と付き合っていたり、芸能人が元彼だったりというおかしな設定の夢を見たことがある人も少なくないはず。
目が覚めて改めて芸能人を見ると、やっぱり遠い存在で不思議な気持ちになることもあるようです。

3: 逃げるときはスローモーション

「強盗とかから逃げるとき、もっと速く走りたいのに夢のなかだとスローモーションになる。現実でも走るのが速くないけど、夢のなかでも走るのが遅いって……夢がないな……」(20代/IT)

▽ 逃げる場面や、もっと速く走りたいと望んでいる場面に限ってスローモーションに見えるのも夢あるあるではないでしょうか。現実世界以上に、思い通りに体を動かせないのが夢の世界なのです。

4: テスト勉強が終わらない夢、歯が抜ける夢は定番

「なぜか大人になってもテスト勉強が終わらなくて焦っている夢をよく見る。あと、アラサーになってからは歯が抜けたり欠けたりする夢をよく見るようになった。周りの友達に言ったら共感してくれたから、結構夢のなかでは定番なのかもしれない」(30代/販売)

▽ テスト勉強が終わらずに焦っている夢や、歯が抜ける夢。誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか? もうすっかり大人になっているのにテスト勉強で焦り、目が覚めてほっとするなんてことも。もしかしたら夢として定番なのかもしれませんね。

5: 現実では好きにならない人を夢で好きになる

「小学校の同級生とか、親族とか、現実では絶対に好きにならない相手を夢のなかで好きになっている。頭のどこかで、ないなぁと思っているんだけどなぜか夢のなかでは付き合ってる」(30代/コンサルタント)

▽ 現実では好きになることなんてありえない相手と関係を持っていることもあるもの。目が覚めてほっとしたり、あれはなんだったんだと思うこともしばしばです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれ。ライター/コラムニスト。

メディア、広告の編集者を経てフリーライターに転身。
大学在学中からコラムの仕事を始め25歳で結婚。
コラムでは恋愛、婚活、ママ、子育てのジャンルをメインに執筆。

twitter:https://twitter.com/rizuko21
mail:[email protected]