どこの家庭もそう? お母さんあるある【後編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.04.29.Mon

もうすぐ母の日ですが、みなさんは何か予定を立てていますか? お母さんといえばどこの家庭にも当てはまるような、ちょっぴり不思議な言動もあるようです。
そこで今回も前編に引き続き、「お母さんあるある」についてご紹介します。さっそく見ていきましょう!

お風呂に入ることを急かされる

・「『お風呂沸いてるから入りな!』と、毎日のように急かしてくるお母さん。1回目は返事をするんだけれど、何回も言われると『もうわかってるよ! しつこいな!』とケンカになる(笑)」(20代/住宅)

▽ これは実家あるあるかもしれませんね。温かいうちに入ってほしいという優しさや、家族とお風呂の時間が重なるのを防ぐために、「早くお風呂入っちゃいな!」と言っているのでしょう。
とはいえ何度も言われるとイライラしちゃうのも事実。つい「何度も言わなくてもわかってるから!」と反発したくなります。

何度言ってもノックをしない

・「子どもの頃から『部屋に入るときはノックをしてね』と言っているのに、いきなり入ってくること。最近ではもう何も言いません」(30代/人材)

▽ ただノックをすればいい話なのに、なぜかそれをしないお母さん。もはやわざとなのでは……と疑いたくなってしまいます。でも「何でノックしてくれないの!」と言っても、たいてい「忘れちゃった~!」で終わっちゃうんですよね。
「もうお母さんはノックしないんだな」と割り切って、指摘しないほうが気がラクかも。

カードとレシートで財布がパンパン

・「母の財布は常にポイントカードやレシートが占領していて、パンパンに膨らんでいる。もはやチャックが閉まっていません」(30代/美容関係)

▽ 節約術として、ポイントを貯めるお母さんは多いもの。さらに毎日のようにスーパーなどで買い物をするため、レシートも増えていくことに。特に家計簿を付けているお母さんも多いので、レシートはなかなか捨てないのです。
結果お財布はパンパンになり、ズッシリ重くなっていきます。

誰よりも愛情深い

・「お母さんはいまでも実家に帰ると、全力で手料理を振る舞ってくれる。その愛が身に染みます」(20代/IT)

・「私の仕送りに一切手を付けず、私名義で貯金をしている母。正直言って家はそこまで裕福じゃないので、使ってくれていいのに。でも母は『あんたのほうがこれから先の人生長いでしょ?』『自分のお金は自分で使えばいいのよ』と言うんです。もう泣けちゃいますよね」(30代/接客)

▽ 特に母と娘は距離が近いぶん、ちょっとしたことで言い合いになりがち。でも実は誰よりも愛情深く、お母さんは子どもを大切に思っています。「子どもには絶対に幸せになってほしい」と願っているのでしょう。無償の愛を感じるとともに、ますますお母さんを喜ばせる生き方をしたいと思いますよね。

▽ 前編はコチラ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]