学生時代「もしかして私出遅れた…?」と思った出来事・4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.04.02.Tue

春ははじまりの季節。新しい生活への期待を膨らませ、ドキドキしながら校門をくぐった日が懐かしいですよね。しかしフタを開けてみると、想像と違う世界が繰り広げられており、焦った経験のある人もいるのでは?
そこで今回は「学生時代『もしかして私出遅れた……?』と思った出来事」についてご紹介します。

みんなオシャレ

・「入学式からメイクもバッチリ、髪の毛もキレイに染めていた短大の同級生たち。ほぼスッピン黒髪だった私は、『これから先、ついていけるかな……』と不安になった」(20代/営業事務)

・「私は女子大だったのですが、みんなカワイイのはもちろん、持ち物が高そうだった! まだ10代なのに、普通にヴィ○ンのバッグや財布を持っている姿が衝撃でした」(30代/出版)

▽ オシャレで洗練された女子ばかりだと、なんだか引け目を感じてしまうもの。みんながキラキラ輝いて見えて、自分だけが取り残された気分になってしまいます。

グループができあがっている

・「高校に入学して3日でグループができあがっていたこと。あのときは出遅れたと思い、かなり焦りました」(30代/パート)

▽ 入学してすぐに、出席番号順などでグループができるもの。仲間内でワイワイお弁当を食べる姿を見て、「私、誰と仲良くすればいいんだろう……」と困惑してしまいます。とはいってもこのグループも時間がたつごとに、メンバーが変わっていきました。最終的には本当に気が合う人たちで一緒に過ごすものです。

流行がわからない

・「大学に入学してすぐ、周りが人気アイドルやテレビの話で盛り上がっていた。でも、いままで受験勉強しかしてこなかった私は、話についていけず……。『春休み中にもっとネタを仕込んでおくべきだった』と後悔しました」(20代/一般事務)

▽ 初対面の人と仲良くなるきっかけとして、まずはやりの話題が挙げられますよね。でもまるっきり話がわからないと、適当に愛想笑いをするだけに。「みんな意外と流行に敏感なんだな~」とビックリすると同時に、「私出遅れているかも……」と肩身の狭い思いをすることに。

意外と恋している

・「まだ入学して1週間なのに、『○○先輩カッコイイ!』『隣のクラスの○○くんイケメンだよね~』と盛り上がっていたこと。私は学校に行くだけでも精いっぱいだったので、みんなの適応能力のすごさに驚いた」(30代/住宅)

・「大学生ですでに交際○年の彼氏がいるってだけで、同い年なのに一気に大人びて見えた。『いままで私何していたんだろう……』と思ってしまいました」(20代/IT)

▽ 特に学生のころって、恋しているだけで大人っぽく見えたもの。ましてや彼氏なんて、未知の領域だった人もいるはず。私生活も充実している友人を見て、自分と比べてしまったものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]