「チョベリグ」「KY」「あげみざわ」どこまでわかる? 平成のJK語リスト

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
原桃子

Written by:

2019.01.31.Thu

青春を過ごした平成ももう終わり。あなたが学生だった頃には、どんな言葉がはやりましたか? 平成と言っても31年!「懐かしい~」と思うものから、「何これ!?」というものまでありますよね。そんな平成に流行したJK語をご紹介します!
最近のJK語は理解不能? あなたはどこからどこまでわかりますか?

平成のJK語リスト

チョベリグ/チョベリバ

90年代を生きたコギャルはみんな使っていた「チョベリグ」、「チョベリバ」。
「最高!」というときは超ベリーグッドという意味の「チョベリグ」を、「最悪!」というときは超ベリーバッドという意味の「チョベリバ」を使うのです。一大ブームを巻き起こした言葉ですが、今では「死語」として有名に。

MK5

マジで(M)キレる(K)5秒前(5)を略した言葉「MK5」。これを言う時点で既にキレてるんですけどね。「マジでムカつく」を「MM」と略すことも。
また「MK5」をもじった広末涼子さんの『MajiでKoiする5秒前』という曲も当時大ヒットしました。

KY・PK

ローマ字の略語がはやるというのがギャルあるある。KY(空気読めない)・PK(パンツ食い込んでる)・HK(話変わるけど)などなど、やたらとローマ字にして略すのがはやりました。これももう使っている人はあまりいませんよね。

りょ/り

LINEなどで「了解!」と返すときに「りょ!」「り!」と返信するのが流行したことも。待ち合わせの話をして「り」なんて返ってきたら「何これ?」となりそうなものですが、会話の流れで理解できるのだとか。
いつの時代も女子高生ってわりと高度な会話をしていますよね。

それな

相手の言ったことに対して同意したり共感したときに使う言葉「それな」。LINEのスタンプや顔文字もたくさん作られましたよね。
使い勝手がいい「それな」ですが、会話を早く終わらせたい印象になってしまう場合も。使い方には要注意です。そしてもうすでに古い印象があるのだとか。

マジ卍

「ヤバイ」と同じように広い意味で使われる「マジ卍(まんじ)」。とりあえずテンションが上がったらノリで言っておけばOK。また、悪そうな人を見て「あの人マジ卍だよね」といった使い方もあるのだとか。
悲しくても卍、うれしくても卍、美味しくても卍、写真を撮るときの掛け声も卍……。こうなってくると大人世代は理解不能。しかし、これもすでにピークを過ぎた言葉のようです。

すこ/好きピ

「好き」の意味で広く使われている「すこ」。「好き」ほど重くなく、気軽に言えるのがいいのです。「すこすこ」というように繰り返して使うのが可愛いのだとか。
また「好きなピープル」を略した「好きピ」というも言葉も。彼氏は「彼ピ」、男女問わず好きな相手には「好きピ」と使うのです。

あげみざわ

気分が上がったときに使う「アゲ」。それが進化を遂げ「アゲ」→「あげみ」→「あげみざわ」となりました。Youtuberのkemio(けみお)さんから火がつき、JKの間で流行するように。うれしいことがあったら「あげみざわ~!」と言っておけばOK。

あざまる水産

「ありがとうございます」→「あざます」→「あざまる」→「あざまる水産」と進化した、「ありがとう」の最新版です。“ありがとうございます。”と書いたときの句点を「まる」と読み、「あざます」から「あざまる」となりました。そして語呂が似ている「磯丸水産」と合体して「あざまる水産」になったという説も。

まとめ

いかがでしたか? JKではなくなった世代から見ると、「もうついていけない……」と思ってしまうことも。しかし、JKが作り出す言葉って言葉遊びが面白いですよね。今年はどんなJK語が出てくるのか、楽しみです!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

原桃子

アラサ―OL、フリーライター。
いつだって自分らしくマイペースに生活中。
悩める女子が少しでも元気になれるような記事を更新していきます。