今日だけは平和に過ごしたかった…。クリスマスに起こった悲しい出来事とは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2018.12.11.Tue

彼氏がいてもいなくても、クリスマスは特別な日。たとえ平日で仕事だったとしても、「今日は何か良いことがあるんじゃないか」とひそかに期待しているものです。
しかしそんな日に最悪なことが起こってしまうと、一生忘れられないイヤ~な思い出になってしまいます。そこで今回は「クリスマスに起こった悲しい出来事」についてご紹介します。

高熱

・「せっかくのクリスマスなのに、まさかのインフルエンザにかかってしまった。デートの予定もキャンセルして、家でうなされながら寝ていました」(20代/接客)

▽ クリスマスに体調を崩すことほどツラいものはありません。恋人や友達との予定はキャンセルしなくてはいけないし、チキンやケーキもおあずけ……。クリスマス一色のテレビを眺めながら、「来年こそは幸せな1日にしたい!」と強く心に誓ったものです。

物をなくす&壊れる

・「クリスマスに家の鍵をなくして、部屋に入れなかったこと! 何時間も来た道を探し回って、ようやく鍵を発見したけれど……。『よりによって何で今日なの!』と悲しくなりました」(30代/ネイリスト)

・「クリスマスにまさかのテレビが壊れた……。ひとりでのんびり特番を観るつもりだったのに、一気に予定が狂いました」(20代/デザイン関係)

▽ ひとつトラブルが起こるだけで、日常生活を送ることさえも困難になります。しかもそれが1年に一度のクリスマスだとしたら……。「お願いだから今日だけはやめてほしかった」と思ってしまいますよね。クリスマスだからこそ嫌なことが起こらないよう、気持ちを引き締めておいたほうが良いかも!?

周りがみんなリア充

「同じくシングルだった友達に、クリスマス直前になって次々彼氏ができたこと! おめでたいことなのに、なぜかちょっぴり裏切られた気分になりました……」(30代/一般事務)

▽ 普段はあまり気にならない彼氏の有無ですが、クリスマスとなると話は別。
「みんなリア充ってことは、私ひとりでクリスマスを過ごさなきゃいけないの!?」と悲しくなってしまいます。特に同じシングル仲間だった友達に彼氏ができてしまうと、ダメージも大きいもの。「みんな楽しそうでいいなぁ……」と、ついひねくれた気持ちに。

まさかのフラれる

・「クリスマスイブに約3年付き合った彼氏にフラれました。次の日はひとりでヤケ酒。あれは本当に悲しかった……」(20代/IT)

▽ なぜか世間がハッピームードのクリスマスに、別れ話を切り出してくる男性もいるんですよね。おそらく「色々考えた結果、クリスマスは一緒に過ごせない」ってことなんでしょうが、今日言わなくても……と思ってしまいます。空いていそうな友達に連絡をして、緊急の慰め会を開いてもらいましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]