だって欲しいんだもん! ネットショッピングしたときの3つの言い訳

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2017.12.28.Thu

深夜、ひとりでパソコンやケータイを眺めながら、ポチッとネットショッピングをするのはとても楽しいもの。日々に追われるアラサー女子にとって、この上もない癒やしのお時間だったりして。
今日は、そんな魅惑的なネットショッピングをしたときに、つい言ってしまう言い訳をお届けします。うーん、言ったことあるかも……。

ネットショッピングしたときの3つの言い訳

「お店に行く交通費のことを考えたら安いから」

ネットショッピングをするときに、交通費のかわりにかかる料金といえば、送料ですよね。住んでいる場所によっては、送料が交通費よりもはるかに安い場合もあるのではないでしょうか? 往復の交通費って、結構バカにならないですよね。直接お店に行くことなく、ターゲットを今スグにスマートにゲットできるなら、これに勝るものはなし!
ちなみに、筆者の知人でネットショッピングが大好きな人がいるのですが、曰く「宅急便の人が自分の欲しいものを自分の家の玄関までわざわざ持ってきてくれるのが、千円足らずだなんてありがたい話じゃない!」とのこと。な、納得……!

「友達のプレゼントを買うのに、送料が無料になるから」

こちらも、おなじく送料にかかわるものですね。友達だけでなく、家族や職場の人たちへのプレゼントをネットで購入するかたは少なくないのではないでしょうか? 「あと○○円で送料が無料になる」というシチュエーションのときに、自分の欲しいモノを買って足しにするのは、いうなれば役得というもの。
え? 無駄づかいですって? いえいえ、送料を払うよりは有益なのです!

「今買ったら、ポイントがたくさんつくから」

もしかしたら、リアルなお店でお買い物をするときもこの言い訳をすることはあるかもしれません。お買い物のあとに、ちょっとしたしあわせをくれるショッピングポイントを理由につい買いすぎちゃうこと、ありますよね。
このポイント、期間限定で割り増しになったりするものだから困りものですね。「ポイントがたくさんつくキャンペーン中だから」と言い訳しつつ、ちょっとお高めのアクセサリーを大人買い、という経験をお持ちのかたは少なくないはず! いえ、だって、還元率って大事じゃあないですかッ!

ビバ、ネットショッピング!

ネットショッピングをしたあとに言ってしまいがちな言い訳をお届けいたしました。筆者は、言い訳をすることをけして否定はいたしません。どんどん言い訳しちゃっていいと思います! だって、自分で働いたお金で買ったのですもの! 「うふふ、ぜいたくしちゃった!」という至福感と「ああ、やってしまった!」という罪悪感が、よりネットショッピングをより魅力的にするのです。
無駄づかいのしすぎは考えものですが、だからといって節約しすぎるのも心によろしくありません。便利なネットショッピングを上手に利用して、毎日にスパイスをくわえていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/