現実で言われたい! 少女漫画の「胸キュンセリフ」8選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
深月あかり

Written by:

2017.10.26.Thu

女子なら、「一度でいいから少女漫画みたいなセリフを言われてみたい……!」なんて思いますよね。今回はそんな、現実で言われてみたい少女漫画の胸キュンセリフを筆者が選んでみました! ぜひ読んでキュンキュンしてみてくださいね!

キュンキュンせずにいられない少女漫画のセリフって?

「俺、あんたのこと結婚式まで面倒みる覚悟だから」by熊田天佑

これは、男性に一度は言われてみたいセリフですよね……! たとえ男友達でもこんなセリフを言われたら、女心はもう完全につかまれちゃいます。異性としてだけでなく、人としても自分のことが好きだということがとても伝わるセリフです。女子ならグッときてしまいますよね。

【出典元】
『マイルノビッチ』(佐藤ざくり・集英社)
引用部分掲載ページ数:6巻 弟35話 97ページ

「オレのなのに」by綾瀬楓

彼氏にヤキモチをやかせたい女子って、意外と多いのではないでしょうか。こんなにかわいいセリフでヤキモチをやかれたら、不覚にもときめいてしまいますよね。

【出典元】
『午前0時にキスしに来てよ』(みきもと凛・講談社)
引用部分掲載ページ数:1巻 story3~オレのなのに~ 176ページ

「お前、俺のこと好きになればいいのに」by馬村大輝

こんなセリフを言われたら、どんな関係であれ、絶対に相手のことを気になってしまいますよね。かりに彼氏がいる時だとしても、女子ならば確実にハートを射抜かれちゃいます。

【出典元】
『ひるなかの流星』(やまもり三香・集英社)
引用部分掲載ページ数:3巻 day.18 88ページ

「この先も俺が守っていく人です」by川澄泰一

全校生徒の前で堂々とこのセリフを宣言! 現実ではありえないシュチュレーションにセリフ……漫画だとわかっていてもキュンキュンしてしまいます。こんなことをもし誰かに言われたら、もう一生その人についていきたくなりますよね。

【出典元】
『日々蝶々』(森下suu・集英社)
引用部分掲載ページ数:11巻 最終話 160・161ページ

「千早、好きや」 by綿谷新

一度でいいから方言で告白されてみたい! そう思っている女子は多いのではないでしょうか。男の子の関西弁は、なぜだか胸が高鳴るもの。またこのセリフは、予想もしていなかった突然の告白というのもポイントです。

【出典元】
『ちはやふる』(末次由紀・講談社)
引用部分掲載ページ数: 23巻 119首 26ページ

「他の子にはしないよ」by丸井侑輝

これぞ、女子が一度は言われてみたい胸キュン代表セリフと言えます。「お前だけ」という言葉に女子は弱いですよね。こんなことをさらっと言えちゃうような男子には、誰しもがひかれてしまいます。

【出典元】
『360°マテリアル』(南塔子・集英社)
引用部分掲載ページ数:5巻 ♯19 ~イイヒト~ 130ページ

「オレはずっと君の名前知りたいと思ってましたけど」by綾瀬楓

出会い頭にこんなこと、言われてみたいですよね。ここまでストレートに言ってもらえると、女としては素直にうれしいもの。ストレートに気持ちを伝えられると、恋愛ってはじめやすいですよね。出会いの機会が多い人は、もしかしたらこのセリフを言われる機会があるかも!?

【出典元】
『午前0時にキスしに来てよ』(みきもと凛・講談社)
引用部分掲載ページ数:1巻 story.2 ~以後お見知りおきを。~ 147ページ

「全部叶えんのオレだから」by弘光廣祐

ぜひとも叶えてください……! と、素直に乙女心は揺さぶられちゃうもの。この言葉だけでベタぼれになってしまいますよね。

【出典元】
『ヒロイン失格』(幸田もも子 ・集英社)
引用部分掲載ページ数:6巻 第20話 4ページ

まとめ

少女漫画を読むと恋愛がしたくなったり、恋に対して前向きになることが多いですよね。みなさんもぜひいろいろな漫画を読んで、胸キュンできるセリフを探してみてください。女子力と恋愛力に磨きがかかること間違いなしですよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

深月あかり

「好きなことを仕事に」をモットーにフリーランスで活動中。現在は講師業をメインに演技指導、アイドルのダンスレッスン、振り付け等を行っている。その他、役者・タレント活動、イベント企画など多方面でエンターテインメントに携わっている。ツイッター ※ https://twitter.com/yuchachaso プロフィール等 ※ http://shibainomachi.com/2017/07/21/0265/