忘年会シーズンまっただなか。種類別、お酒のカロリーをおさらい!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2015.12.05.Sat

師走に入り、すっかり今年ものこり少なくなりました。仕事に家事に、女性の皆さんも忙しい時期ですね。そして年末といえば毎年恒例の、忘年会。楽しい場ではあるけれど、翌日の体型と体重が気になる……!
そこで今回はいま一度、お酒のカロリーをおさらいしてみましょう。

1: ビール

「とりあえず乾杯はビールで!」とくに職場関係の飲み会では多いパターンです。商品によっても異なりますが、中ジョッキビール一杯(500ml)で約210kcal。……けっこうあります。アルコール度数が低いためついついお酒が進んでしまい、飲み会トータルで見ると超高カロリー! ということにもなりかねません。
また、炭酸飲料は食欲を刺激する効果があるので、おつまみを食べすぎてしまう危険性も。カロリーの気になる方は、早めにほかのお酒に切りかえた方がいいかも。

2: ワイン

アルコール度数が高いため、かなりカロリーがあるかな……? と思いきや、グラス一杯(120ml)あたりのカロリーは約85kcalと、ビールに比べて控えめ。かといって大量に飲んでしまっては結局高カロリーになりますし、アルコールのとりすぎで泥酔しかねません! ちびちびと少量ずつ飲むのがポイントです。ワインをビールみたいにがぶがぶ飲む女性、というのも見ていてあまり上品にはうつりませんし、ね。

3: 焼酎

近年品揃えのいいお店が増えてきて、ファンも増えつつある焼酎。ワイン以上にアルコール度数が高いため、カロリーはどうかな? と心配です。商品にもよりますが、焼酎(乙類)一合(180ml)あたり260kcalと、なかなかの高カロリー!
とはいえ、焼酎一合をストレートでがぶがぶ飲む人は、そんなに多くないですよね。ロックであれば氷となじませながら、またはお湯割りや水割りにして、ゆっくりと時間をかけて飲みましょう。

4: 日本酒

冬の飲み会では鍋料理が出てくることも多く、日本酒はよく合います。日本酒(吟醸)一合(180ml)あたりのカロリーは185kcal。アルコール度数に比例してか、焼酎に比べると低めです。ただし、日本酒はストレートで飲むことがほとんどですし、口当たりのまろやかなものだと女性でもすいすい飲めてしまうことも……。カロリーも、アルコールのとりすぎも心配です。適量を心がけましょう。

5: カクテル

アルコール度数が低めで甘口ものが多いため、お酒があまり得意でない女性でも飲みやすく、とくに若い世代には人気です。でも、カロリーという点ではじつは要注意! お店によってお酒の調合や一杯あたりの量は変わりますが、カシスオレンジはグラス一杯(170ml)で約176kcal、カルアミルクはグラス一杯(170ml)で約205kcalと、かわいいふりをしてなかなかの高カロリーです。飲みやすいからといってジュース感覚でどんどん飲むと、カロリーがどんどん積みあがりますよ。

以上、代表的なお酒を種類別におさらいしてみました。もちろん、太りやすさはカロリーだけでなく、糖質の量や食べあわせなどいろいろな要素の組みあわせで決まりますが、カロリーも大きな指標です。
気にしすぎて飲み会を楽しめないー! となってしまってはさみしいですが、ユウウツな気分で新年をむかえないためにも、適量を楽しく飲んで、忘年会シーズンを賢くのりきりましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

吉原由梨(ヨシハラ ユリ)

東大法学部卒業後、外資OL、秘書職を経て、現在は都内で夫と二人暮らしのフリーライター。30代初級者。
趣味は読書、グルメ、美容と健康の研究、マッサージ巡り、人間観察etc.
自身の経験や思索、あとは好奇心の赴くまま、幅広いジャンルのコラムを書いていきます。
Twitter:@yuriyoshihara
ブログ:http://yuriyoshihara.blog.jp 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子