年を重ねて多くの人が感じる、“女性の後悔あるある”6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2015.06.14.Sun

人生は一度きり。自分なりに一生懸命色んな行動を起こしてきた人生だとしても立ち止まって振り返ると後悔することもしばしばありますよね。今回はそんな「年を重ねて多くの人が感じる、“女性の後悔あるある6つ”」をご紹介します。中にはきっと、後悔する前に手を打てるものもあるはず。それではスタート!

親に対してよき娘ではなかったこと

「親孝行をしよう」いつもそう思っていても行動にうつせていない人は多いのではないでしょうか? 私たちよりも親の方が先に亡くなってしまうことは多いもの。亡くなった後に後悔したとしても、もう何もしてあげることはできないのです。親孝行とはなにも高いプレゼントをあげたりすることではありません。電話1本入れること、写真を送ること――そんな小さなことでも幸せを感じてくれるのです。

「次はそうするから」と言って「次は」永遠にこなかったこと

身近にいるあなたを大切に思ってくれている人が、あなたの悪い癖を直すように注意してくれたり、せっかくの良い機会をくれたりすることがあるでしょう。しかし相手によっては甘えが出てしまい、頭で分かっていても「今度そうする」「後でやってみる」と言って行動に起こさなかったことってありませんか? もしかするとその大切な人があなたを思って忠告してくれるのはそれが最後だったかもしれませんよ。

本当の気持ちをちゃんと伝えなかったこと

家族、恋人、友達など特に大切な人たちに本当は伝えたかったことを伝えられなかったことを悔やむ人は、とても多いようです。特に彼らを失ってしまったあとだったり、本当に思っていることを伝えなかったばかりにとり返しのつかない事態に陥ってしまったりなどなど。本当の気持ちを伝える勇気を持ちましょう。

自分の健康に気をつかってこなかったこと

好きなものを好きなだけ食べてすごしてきてしまったあと、自分の体型の変化に気づいたときには“時すでに遅し”なんてことも……。なんとかならないわけではないけど、食べ物を変えることや食べ方を変えることってそんなに簡単なことではなく、体重が増えていくのは簡単なのに減らすのはとても難しいものなんです。

結婚前に旅行をたくさんしなかったこと

結婚してしまうと自由に使えるお金が独身時代よりも少なくなるのはもちろん、時間も使い方も変わってきてしまいます。そして子どもができるとさらにそういった時間はなくなってしまいます。独身のまだ結婚を考えたりしていなかったときに旅行をたくさんしておけばよかったと思う人は多いようです。

自分のキャリアをもっとしっかり考えなかったこと

最初に就職した会社で別に楽しくはないけどお金を作るためになんとなく10年以上働いてきてしまったという人も多いはず。でもそう気づいたときにあなたはどんな行動を起こしますか? そのままそこに居続ける、それとも本当にやりたかったことが分かってそこに飛び込んでみる? やりたいと思ったことで生活できるめどが立つようなら、飛び込んでみるのもありかもしれませんよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。