3月生まれの淑女へ捧ぐ ~3月女は寂しがりやのモテ女!?~

だんだんと陽射しが暖かくなり、女心をくすぐるファッションが街中に溢れる……。そんな、どこか可愛らしいイメージの3月に誕生日を迎える淑女の皆様、ハッピーバースデー! さて皆様、3月のことをどのくらいご存知ですか?
3月の異名は「弥生」のほか、「花咲月」「桃緑」とも呼ばれます。ピンク色やみずみずしいパステルカラーを想像させる、素敵な名前です。
「○月生まれの淑女へ捧ぐシリーズ」の第3弾、今回は3月についてのお話をしましょう。
▽ 前回の記事はコチラ

3月女の性格や傾向

乙女な3月生まれの女性は、文字通り「乙女」なのでしょうか? さまざまな占いから総合して見ると、3月生まれの女性は一見ひ弱に見えますが、実はしたたかな性格の持ち主。
ソフトな物腰と愛嬌の良さで、社交性は抜群です。確かな計画性と情報収集能力は恋愛にも存分に発揮され、人の心を捉えるモテ女! どうでしょう、当たっていますか? また、3月女は寂しがりやの一面があり、そばに誰かがいるほうが落ち着くようです。モテテクニックなどがなくても、ナチュラルにモテてしまう女性と言えます。
3月生まれの代表的な女性芸能人は、綾瀬はるかさん・ベッキーさん・優木まおみさんなどです。確かに3人とも、モテ女のイメージがありますよね。

3月女の○○

3月を表すもの、3月生まれと波長が合うとされるものを身に付けていると、運気が上がりパワーアップできるのだそう。お守り代わりに、ぜひ一ついかがでしょうか。

誕生石

3月の誕生石は「アクアマリン」が有名です。が、実は日本では「サンゴ」も3月の誕生石だとされています。アクアマリンは夜になるといっそう輝きを増すために“夜の女王”とも呼ばれます。人生の壁や暗闇に迷った時に新たな希望の光をもたらしてくれると言われるアクアマリンは人気が高く、その宝石言葉は「先見の明・人とのつながり・幸せな結婚」などです。一方サンゴは、3月の桃の節句に合わせて桃色が美しいサンゴを日本で追加したようです。宝石言葉は「確実な成長・幸福」などがあります。

誕生花

誕生花には、月によっていくつもの種類があります。3月の代表的な誕生花は、チューリップと忘れな草です。チューリップの花言葉は「博愛・思いやり」、忘れな草の花言葉は「真実の愛」。やっと訪れた柔らかな春にぴったりの、優しい花達です。

誕生色

石、花ときて、最後は色。質の良い伝統的な着物が素晴らしい、原宿の「伴治郎」発信の日本色、3月は「夢宵桜(ゆめよいざくら)」という名前のペールピンクが選定されています。「春おぼろ きみの姿もまぼろしの、山桜の可憐な色」です。桜、それは心踊る春の盛りを彩ります。

最後に……

気持ちやファッションだけでなく、春という季節は見目麗しい風景、美味しい食材も豊富になります。お花見をしたり、新鮮なお野菜をいただいたり。たくさんの暖かな笑顔が輝く3月を、楽しみましょう♪

それでは次回、「4月の淑女へ捧ぐ」コラムも、どうぞお楽しみに♪

2015.03.09

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 香 みちる (カオリ ミチル)

都内在住のジュエリーデザイナー。 好きな宝石はダイヤモンド。好きな香りはムスク。 趣味は乗馬、バイオリン、旅行、そしてSM。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介