残念すぎる! おばさん化女子がみせる5つのサイン

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2015.01.11.Sun

美しく歳をとるということは、年齢とともに内面の成長を重ねていくこと。反対に、内面の成長が滞り、年齢だけを重ねてしまうのが、残念なおばさん化女子。今日はそんなおばさん化女子がみせる5つの特徴をご紹介します。

自分の価値観をおしつける

自分より年齢が若い人に対して、上から目線のアドバイスをしてしまうのは、おばさん化女子の特徴。歳を重ね、ある程度経験を積んでいくと自分の価値観が明確になっていくものですが、相手が誰であれ、他人に自分の価値観を押し付けるのは、NG。価値観は育った環境や経験によって人それぞれ違うもの。正しい価値観など存在しません。自分が正しい、という考えは視野を狭め、成長を妨げるので、大人女子から遠ざかっていく一方です。

寒くない? としつこく聞く

寒くたってオシャレな恰好をしていたい! そんな女子の気持ちを理解できないのが、おばさん化女子。冬はタイツに腹巻きをつけて、寒さ対策を完璧にこなすおばさん化女子は、素足の女子を見るだけでも鳥肌が立ってしまうほど寒さに敏感。「そんな格好して寒くないの?」という問いかけには、「寒いのにそんな格好なんかして」というおばさん的批判も込められています。

すぐにジャッジメントする

あの人は○○だから、と相手のことを深く知ろうともせずすぐにジャッジメントしてしまうのがおばさん化女子。相手とのコミュニケーションよりも噂や外観を重視してしまうので、うわべだけの判断をしてしまいがち。そもそも、おばさん化女子は、相手のことを深く知ろうという積極性に欠けている上、噂が好きなので、自身の想像を「情報」として広めてしまう傾向にあります。

知らないという事実を知らない

マンネリ化した生活から抜け出せずにいるのが、おばさん化女子。読書や他者とのコミュニケーションで知識を広げるという手段をとらないため、歳を重ねても知識量は昔のまま。さらに、自分の知識量の乏しさを認識していないので、素人のくせにプロに向かって上から目線で意見を述べるのが得意。場の雰囲気を凍り付かせても、平然としているのがおばさん化女子の凄みです。

お酒の飲み方を知らない

大人女子は年齢を重ねるにつれて、お酒の飲み方が上手になっていくもの。おばさん化女子は、飲み方も幼稚なまま。酔っぱらって平気で醜態をみせてしまいます。酔っぱらいがカワイイと許されるのには、年齢制限があることにも気づかず、昔のノリを引きずっています。いつもは大人女子ぶっていてもお酒を飲むと、おばさん化女子に変身するなんていうタイプにも要注意です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!