オネエだから安心…なんて油断は禁物! 「偽オネエ」に気をつけて!

2014.07.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

オネエキャラで人気を呼んでいた通販マンのベガス味岡さんが、先日テレビ番組内で「オネエキャラは嘘!」とカミングアウトして話題を集めましたよね。長い間オネエキャラで通していた彼ですが、実はなんと妻子持ち! 「もうこのキャラを続けることに疲れたから……」と告白を決意したそうです。
ところでこの「偽オネエ」は、テレビ内だけの話ではなく、私たちの周りにも結構いるという噂が。本当はれっきとした男なのに、あえて女性らしい言動を目立たせて、オネエキャラを演じているそうです。もしかしたらあなたも偽オネエの戦略にひっかかっているかも……?

偽オネエになる理由1:仲良くなりやすい

たとえ男性でも「オネエ」と言われた途端に女性は警戒心をなくします。「安心できそう」「仲良くなれそう」などと心のガードをはずし、男性に対するよりはフランクに、そして女性に対して接するよりは少しだけ敬って接するようになります。「男性だけど恋愛対象にならない」という事実が、女性と仲良くしやすくさせるのです。

偽オネエになる理由2:スキンシップをしやすい

好きじゃない男性からだとイラッとするスキンシップも、オネエだと許せてしまいます。そこには「自分が性的対象になっていない」という気持ちが働いています。「きゃー! 脚すべすべー!」「太腿しろーい!」などと触られても、嫌悪するどころか同性に褒められているのと同じ要領で「そんなことないよー!」「ありがとうー!」とはしゃいでしまうのが女性です。
実際にベガス味岡さんは、奥さんと出会ったときにはすでに「オネエキャラ」だったそう。ホテルに着いていよいよ泊まるというときに「実はオネエキャラは嘘なんだ」とカミングアウトしたそうです。結果的におふたりはうまくいったのでいいですが、偽オネエだった場合には下心があるということを肝に銘じておきましょう。

偽オネエになる理由3:信用してもらいやすい

「オネエキャラ」になるまでは、ベガス味岡さんの通信販売の売り上げ成績はよくありませんでした。ところが「オネエキャラ」で販売を始めた途端に売上は大きくアップしたそう。「このオネエが売っているなら買おう」という気持ちにさせたのかもしれませんね。
テレビに出ているオネエタレントさんは女性からの支持が厚いのも事実。「自分の性質をオープンにする人なら信用できる……」そんな思いからか、私たちは無意識のうちにオネエに信頼を寄せてしまうようです。

空前のオネエブームの昨今ですが「オネエだから大丈夫!」などと、オネエというだけで色眼鏡を使って接していると、偽オネエからの魔の手が忍び寄ってくるかもしれません。まずは相手を「人間として信用できる人なのか」見極めてくださいね!

2014.07.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介