20代にこれだけはしておきたい! 後悔しないために「幸せ」を考えよう! <『20代にしておきたい17のこと』(本田健/だいわ文庫)>

2014.07.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

昨年、2020年に東京でオリンピックが開催されることが決定しましたよね。筆者は「おぉ!!」と感動したと同時に、7年後、自分が何をしているのか全く予想ができなくて、恐怖も抱いてしまったことをよく覚えています。
気がつけばアラサーになり、20代ももう後半。何だかやり残したことばかりのような気もするし、そもそも自分が求めている「幸せ像」がいまだによくつかみ切れていない。そこでいつもながら本に助けを求め、『20代にしておきたい17のこと』(本田健/だいわ文庫)という一冊を読んでみました。
今回はその中から、「20代にしておきたい」ことで、特に印象に残ったものをご紹介したいと思います。

「キャンセル待ち」をしてでも、死ぬほどの恋をする。

恋をするというのは、全てのモチベーションの源になります。しかし残念なことに、年を重ねるほどに自分の好き嫌いがわかってくるので、自分の圏外の人には冷めてしまい、恋愛の磁石は弱くなっていきます。恋愛は「自分のことを受け入れてもらえないかもしれない」というリスクも伴いますが、それが気にならないくらい「相手に向かって突っ走る」という体験を持つことは、20代にしかできないことで、とても幸せなことなのだそうです!

目を覆いたくなるような、人生最大の失敗を恐れない。

20代のうちに絶対やっておいたらいいのが、なんと「人生最大の失敗をする」ことなのだそうです(!)人生後半の失敗は、社会的にも精神的にも立ち直るのに時間がかかりますが、20代ならば、いくらでも挽回ができます。人生で早いうちに大きな失敗をすると、あとはプラス勘定になります。逆に、安全な道ばかり選んでいると、何のドラマもない人生になってしまいます。リスクを冒して失敗することは、20代でできる、いちばんの財産なのだそうです。

専門分野を持つ

20代では、自分の専門分野を持つと言ってもピンとこないかもしれません。
しかし、「自分はこれだけはよく知っている、得意だ」ということを20代のうちから持つようにしましょう。いずれにせよ、「社会で自分が何をやっていきたいのか」ということを20代のうちから見つけていると、スタートを早く切れます! 自分が選んだ道を究めている人が、幸せに豊かになるというのが、いまの世の中の法則です。

いかがでしたか? 本文ではまだまだ20代を「幸せ」に生きるためのヒントが多く書かれています。大好きなことをして、大好きな人と人生を送るために、時には本の力を借りて、人生を100パーセント楽しめる準備をしていきましょう。

2014.07.25

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by さゆ

87年生まれのフリーライター。 本とワンコとカフェが大好きです。 いつでもアワアワしています。 ツイッター:@sayulog  写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介