美味しいものを食べて、心にも栄養を! 女子におススメエッセイ2選!! ~『B級恋愛グルメのすすめ』(島本理生/角川書店)『女子アゲ↑』(蝶々/徳間書店)より~

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
さゆ

Written by:

2014.05.30.Fri

「女子におススメのエッセイはありますか?」と聞かれたら、私が迷わずおススメしたいのは、作家の島本理生さんが書かれた『B級恋愛グルメのすすめ』と元祖小悪魔・蝶々さんの『女子アゲ↑』です。
島本さんのエッセイでは「恋愛」のエピソードと共に、たくさんの「美味しいもの」が登場します。
そして蝶々さんのエッセイではLOVEアゲ・アイテムアゲ・イメージアゲ……と「女子が女子らしく」肩の力を抜いて楽しんで生きていける方法が、具体的にわかりやすく書かれています。実は本書は、2007年に発売されたものなのですが、私は元気がなくなるたびに読み返しているお気に入りの一冊です。
それでは少しだけ、中身をご紹介致しますね。

『B級恋愛グルメのすすめ』(島本理生/角川書店)2013年

バレンタインデーに好きな人のためにブラウニーを作ったこと、浴衣で乗った屋形船、傷心旅行で食べたウニと蟹……。
本書は「作り方」が書かれている料理本ではないのですが、「読んでいるだけで思わずヨダレが出てしまう」美味しいものがたくさん登場する、恋愛エッセイです。
「生きることは食べること」と書かれていたのが印象深く、また「好きな人と一緒に楽しく食事をすること」がどれだけ大切な瞬間であるのか、ヒシヒシと伝わってくる内容でした。
ぜひ、美味しい紅茶とお菓子と共に、肩の力を抜いて読んでみて下さい。

『女子アゲ↑』(蝶々/徳間書店)2007年

本書の合言葉は「タフに、明るく、色っぽく……」です!
女性がしなやかでたくましく生きている社会は、キラキラしていて素敵ですよね。ですが人生には、デコボコ道も多いし、泣きたい夜もたくさんあります。
そんなときは是非、こちらの本を開いてください。蝶々さんの明るいパワーに、本を持っているだけで(!)励まされるような気がします。
もちろん、内容も素晴らしくて「女スイッチ」をONにして恋愛を楽しむ方法や、「同僚女子との付き合い方」まで具体的に、今すぐにでも実行できるアドバイスがたくさん書かれています。
タフさもあって、それでいて柔らかく魅力的で……。女性でいることを楽しみ、皆で励ましあいながら頑張ろう!と思える素敵な一冊です。

いかがでしたか? 女子はいつも、オシャレに仕事に恋に……と忙しいですが、たまにはゆっくり自分の内面と向き合って、本を読んでみるのもおススメです。
「小説は苦手~」という方も、エッセイならスイスイ読めてしまうこともありますよ!
「女人生」を満喫するためにも、役に立つと思います。良かったら、読んでみて下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

さゆ

87年生まれのフリーライター。
本とワンコとカフェが大好きです。
いつでもアワアワしています。
ツイッター:@sayulog  写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子