困ったちゃん急増中!? 今ドキナルシストたちとどう付き合っていく?

2014.02.26

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

あなたのまわりにも“ナルシスト”たちがたくさんいませんか?

Facebookで毎日の生活の充実度アピールがすごかったり、“この人なんで自分のことばかり話していられるんだろう”と感じることありませんか? 今の世の中、大人になってもこちらが恥ずかしくなるほど“自分大好き”なナルシストたちが急増中です。自分が世の中や周囲の人間から常に注目を浴びていて当然、あるいはそうでないと気が済まないという人は実際多いのです。
少子化で兄弟も少なく、小さい頃から親の注目を愛情を一身に受けて成長した人、あるいはすっかりSNS中毒になり、自分の些細な日常生活を逐一全世界に向けて発信したくてたまらない人など、“ナルシスト”を生み出す環境が整っている現代、自分もナルシスト的な行動がないかどうか、注意してみたほうがいいかもしれません……。

“ナルシスト”たちとどう付き合っていけばいい?

基本、自分のことだけに大きな関心があるので、そのエゴをうまく受け流しさえすれば、それほどストレスの原因となるような付き合いにはならないはずです。

“許容レベル”をしっかり決めておく

“ナルシスト”たちは自分を他人に認めてもらえることに大きな喜びを感じています。だからあからさまに無視するのではなく、話にもほどほどに付き合うのがコツ。ただし自分なりに許容できる範囲をしっかり決めておくことが大切です。そうしないと延々とナルシストな人たちの世界に引き込まれて抜け出せなくなるかもしれません……。

“ナルシスト”たちが変わることを期待しない

“この人には同意できない、ヘンだと思う”というのはかまいません。でもナルシストたちの性格や人間性がいつか変わるんじゃないかと期待はしないほうが賢明。自分のことばかり話題にしたり、他人から称賛されるのを期待したりという特徴は子どもっぽいものですが、それは大人になっても変わらないことがほとんど。いえ、むしろ物心ついた大人だからこそ、執拗に自分にこだわるのかもしれません。ですから、その性格が変わるだろうと期待はしないほうがよいでしょう。まして自分が“変えられる”と思うのはかなり難しいこと、とくに恋愛相手がナルシストだと気づいた場合は、よーく注意してみてください。

2014.02.26

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介