断捨離はもう古い? 究極をいく『わたしのウチには、なんにもない。』で目指せモデルルーム!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2013.12.03.Tue

2013年も残りわずか。年内の汚れは今年のうちに! ……というわけで、これから迎える大掃除に意気込んでいる人も多いのではないでしょうか。ここのところ、断捨離ブームが続いたこともあり「え~、もうわたしの部屋綺麗だし~」という方、ちょっと待って! 本当にあなたのお部屋、綺麗ですか? 今回は、清々しく新年を迎える大掃除の準備にぴったりのコミックエッセイ、ゆるりまいさん著『わたしのウチには、なんにもない』の魅力をたっぷりご紹介します。

インテリアよりもガラーンを重視!

自らを“捨て変態!”と称する著者の彼女の掃除がただの断捨離と違うのは、「可愛いモテ部屋♡」よりも、「なにもないガラーンとした空間!」を重視しているところ。その“なにもない”っぷりには、少々引いてしまうくらいです。ページのうしろのほうに著者の部屋がカラーページで紹介されているのですが、見事にインテリアの類が皆無! そのぶん広々としていて、まるでモデルルームのようにすっきりと綺麗に整っています。
ゆるりまい先生が「物がないぶん、掃除がラク!」というお言葉の通り。これだけ物がないと、邪魔なものがないので、掃除をするときに物を移動させる必要もなく、スムーズにはかどりそうです。

「100個適当な物を持つより、10個のお気に入りを持ちたい」

捨てたい病を発症したゆるりまい先生は、とにかく「物を持ちたくない!」という意思が徹底としています。しかし、そうは言ってもきちんと生活していくには必要なものもあるわけです。できるだけ持ちたくない、でも、持たなければならない…。そんな苦悩からたどり着いたのが「どうせ持たないといけないのなら、お気に入りのものを持ちたい」というシンプルな考え。「多くのものを持つよりも、気に入ったものを少しだけ持ったほうが長く大切に使える」と知り、大好きな物に囲まれて過ごす生活を楽しんでいるそう。

「持っていない不安」より「持っているというストレス」!

恋人も地位も名誉もお金も! なんでも持っていればステータスとなっていた時代はもう終わり、むしろ持てば持つほど負担もかかりストレスになるこのご時世。断捨離ブームもそんな考えからきているのかもしれません。「だけど、捨てるのもったいないし…』」という声が聞こえてきそうですね。でもよく考えてみて。服もバッグも靴もたくさんあるのに、使うときはあまりない。そんな必要のないモノたちに、あなたのスペースを奪われているとしたら、家賃を払っているとしたら、それこそMOTTAINAI! 自分にとって何が必要で大切なのかを考えてみるきっかけになるコミックエッセイ。2巻も絶賛発売中とのことなので、要チェックです!

『わたしのウチには、なんにもない』

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko