秋のお出かけシーンにオススメ、iPhoneの標準カメラでの写真の撮り方のコツ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2013.10.22.Tue

秋の行楽シーズン、旅行に行かれたり美味しいものを食べに行かれたりする方も多いのではないでしょうか。
デジタル一眼も流行っていますが、重いのがネック。iPhoneだけで綺麗な写真を撮れたら楽ですよね。有料のアプリを使わずに、標準カメラで写真を綺麗に撮るコツを集めてみました。

AE/AFロックを使う

まず、AE機能は露出の自動調節を行ってくれる機能です。
AFは自動でピントを合わせてくれる機能。どちらも、特に明るくしたい画面の該当部分をタッチするだけで機能してくれるので便利です。タッチして明るくするのは割と皆使っていると思いますが、意外と知られていないもう一つの機能があります。タッチするだけではなくピントを合わせたい部分を長押しするとロックがかかって、ピントがきちんと合ってくれる機能があるのです。ブレやすいものには特に便利に使えますよ。

HDRとグリッド線を活用する

カメラを起動すると上部に自動的に表示される「オプション」というボタンから設定します。
そこにグリッドとHDRという選択肢が出ていますが、HDRはハイダイナミックレンジのことで、どういう機能かというとカメラが自動的に明るさの違う3つのパターンで連写し、それを組み合わせ合成して最も最適だと思うものに変えた写真と、普通に撮った写真の2パターンで撮影してくれるという機能です。
これは、iPhoneの設定の「写真とカメラ」のところから、1番したの方にHDRで撮影した場合に「通常の写真も残す」をONにするかOFFにするか選べるので、とにかく難しいことは考えたくないけれど、綺麗な写真が撮りたい、あまり枚数を残したくないという場合はOFFにしておけばいいでしょう。

また、グリッドをONにすると画面に白い線が出ます。9分割されるので、構図が撮りやすくなります。
例えば、海の写真だったら波打ち際、海、空をちょうど1:1:1で綺麗に縦に配置すると美しく見えるのですが、そういったバランスの取り方が簡単にできるのがグリッド線です。

明るさを変える

設定画面にある「明るさ/壁紙」の項目を変更すると、カメラの画面の明るさも大きく変わります。
明るさの設定は意識していない方も多いかと思うのですが、特に暗い場所で画面の明るさを上げてみるとかなり画面の見え方が変わり、明るい写真が撮れるようになります。

ちょっとしたコツで、思い出に残る1枚が撮れるといいですね!

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere
Facebook https://www.facebook.com/fumina29

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子