オス化女子あるある 「私って…。」と思う瞬間12選~仕事編~

2013.07.24

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

今大きく叫ばれる「女子のオス化」。決して他人事ではない女子も多いのでは?今回は仕事でオス化女子にありがちだけど、我に変えると「私って…。」と思うポイントを12つ集めました。あなたはいくつ当てはまりますか?

1、起床後15分で家を出る

オス化女子は男子同様、「起床後15分で家を出る」始末。「1分でも多く寝ていたい」「通勤中や会社仲間に気を遣う必要なし」という思いがなせることです。

2、スッピン出社

スッピンで出社は当たり前。メイクは会社のトイレ、が定番です。スッピンを会社仲間に見られても、別に気にしません。

3、仕事中の身なりはあまり気にしない

仕事中髪がボサボサだろうと、服が乱れようと、あぐらをかこうと、あまり気にしません。大事なのは仕事の内容です。

4、仕事のおとも三大ドリンクは「栄養ドリンク・缶コーヒー・ビール」

「今日は疲れてるな」と思ったら、迷わず栄養ドリンク。眠気覚ましはカフェオレだとぬる過ぎて効かないので、缶コーヒー、ブラック・無糖で。仕事終わりはビールを飲んですっきり。この3つは仕事に欠かせません。

5、口癖は「使えない」

人を「使える・使えない」で判断するところあり。後輩がミスすると「使えないな~」とつぶやきます。

6、「男にはいつでも会える。この仕事は今しかない」と思う

「仕事と恋愛どちらが大切?」と考えると、上記のような想いが頭に浮かぶ。女子なら逆です。

7、男友達の出世に嫉妬する

男友達の出世を聞くと、褒めつつも内心ムカつきます。「私だって出世してやる!」と闘志が湧きます。

8、頼れるのは「仕事と金」

「男は裏切るけど、仕事とお金は裏切らない」と思っています。この思いが一層仕事に拍車をかけます。

9、社内のほんわか女子に癒される

社内のイケメンに癒されるかと思いきや、社内のほんわかした女子に癒されます。優しそうな笑顔や柔らかいラインにホッとします。

10、甘えは許せない

自分も他人も、甘えは許せません。弱音は最後まで吐かず、自分1人で無理を抱え込む方。その分他人の甘えにイラつきます。

11、何でも「できます!」「参加します!」

会社で出世するためには、Noと言えば不利になることを知っています。睡眠時間やプライベートを犠牲にしても、全てYesと即答します。

12、月経に不安を抱える

仕事で多くのストレスや無理を抱えるため、月経に不安を抱えています。不正出血、生理サイクルが乱れる、妊娠の心配無しなのに生理が来ない、生理通がひどいなど。

いかがでしょうか? 仕事に精を出すのはもちろん良いこと。けれども心身がSOSを出していては、長続きしません。女である自分とも、うまく付き合う方法を模索していきたいですね。

2013.07.24

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。 Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928 blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介