後悔しかないっ! アラサー女子が決してやってはいけないダイエット法【前編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2016.08.02.Tue

痩せたい痩せたい……と呪文でも唱えるようにつぶやくそこのあなた! ストップ! 病んではいけない! 「痩せることが正義」と無茶なダイエットをしたトコロで、いいことなんてひとつもないのです。
今日は、アラサー女子が実際にやってみて後悔したダイエット法を集めました。彼女たちの魂の叫びをおききください!

サプリの合わせ飲み

「輸入モノのサプリや国産のサプリなど『1週間で10kg痩せる』とかいう売り文句につられて、何種類ものサプリをとにかく飲みまくりました。食費よりもサプリ代金が多いくらい。体に合わなかったり、体調不良になることも……。効果は、おして知るべしというか……。それを飲むことで安心して、逆に太っちゃいました。3食キチンと食べるのが一番です」(24才/俳優)

▽ サプリを飲むことで、安心して食べてしまうということですか。食べることへの罪悪感を薄めようとするけれど、結果、ドカ食いを誘発してしまうのですね。恐ろしや。

下剤の飲みすぎで、肌もカサカサに

「とにかく痩せたくて。『腸にたまった便は3kgある』ときいて、減らさなきゃー! と下剤をよく飲んでいました。唇も肌もカサカサになるし、朝はトイレから離れられないし……。なにごとも適度が大事ですよね」(25才/モデル)

▽ 体重を少なくしたいというお気持ちはわかりますが、下剤はダイエットのために作られたものではありません。市販のお薬だからといって飲みすぎると、体にもよくありません。
お通じをスムーズにする食べ物を食べて腸内環境を常に良好に保つことが、痩せるための近道になりますよ。内臓をいためつけるなど、愚の骨頂ですよ!

いかがでしたでしょうか?
テレビや雑誌のあおり文句に踊らされて、本質を見あやまってはいけません。ダイエットは、今のあなたをもっと素敵にするための手段。不健康になるためのものではありませんし、あまつさえ、たったひとつしかないあなたの大事な身体にムチを打つような行為であってはいけないのです。
かりに見た目だけを重視してイメージチェンジが成功したとしても、あなたの体が不健康になって倒れでもすれば、すべてがオジャンになりますよ。痩せるために努力をすることは素晴らしいですが、きちんと知識をつけたうえで、ご自身にあったウエイトコントロール方法を見つけていただければと思います。あなたの身体が健康であることが大前提であるのを忘れてはいけません!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/