内側からキレイ! 「食べて痩せる」アラサー美女たちが食卓で守るルールたち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
美泉菜月

Written by:

2016.07.11.Mon

ダイエットといえば「食べない」が基本。しかし、食べないダイエットはつらいしリバウンドしてしまうだけ!
今多くのアラサー美女が行っているのは、食べるだけでキレイに痩せるインナービューティダイエット。食べて痩せるダイエットにはルールがあり、これを守って食べることでみるみるキレイに! 知らなきゃ損ですよ。

痩せる食べ方3か条!

1. ビタミン・ミネラルは欠かさない

欠かせないのは、微量栄養素であるビタミンやミネラルです。これらは糖質や脂質などの栄養素をエネルギーに変える働きがあり、不足すると食べたものがエネルギーに変わらずそのまま太ってしまいます。
海藻類・野菜・穀物・ナッツ類を積極的にとりましょう。

2. 腸がキレイだと痩せる

腸は栄養を吸収して老廃物を排出する大切な器官。しかし、機能がにぶると食べても栄養が吸収されずに代謝が低下したり、老廃物がたまって便秘になったり、肌荒れしたり、太りやすい体になります。
痩せるためには腸をキレイにすることは必要不可欠です。味噌や納豆などの発酵食品や食物繊維など腸にいい食品を欠かさずにとるように心がけましょう。ヨーグルトや納豆など毎日手軽にとれるものばかりなので、毎食1品を目標としてみては?

3. 朝昼晩の種類を変える

リバウンドせずに着々とキレイなボディに整えるには、三食が基本。三食それぞれの時間帯にあったものを食べることも重要です。

・ 朝 → 野菜(1日に必要な微量栄養素をとる)
・ 昼 → 炭水化物(食べたものが脂肪になりにくいのでここで炭水化物を)
・ 夜 → タンパク質(睡眠中の細胞や筋肉、肌の修復の材料をとる)

ダイエット中のストレスはこうして撃退!

間食はナッツ類!

ダイエット中はどうしても肌荒れしがち。さらに間食も恋しくなりますね。我慢をすると、イライラ&リバウンドの原因になってしまいます。
そこでおすすめなのがナッツ類です。つまんでヘルシー、さらにビタミンやミネラルが豊富なスーパーフードともいわれるため、美肌に導いてくれます。

ストレスがたまったら豆腐で対抗!

ダイエット中のイライラはどうしても避けられません。そこで最適な食材が豆腐です。
豆腐には、精神を安定させる神経伝達物質“セロトニン”の材料になるトリプトファンが豊富なのです。これはタンパク質に多く含まれるのですが、なかでも腸に負担をかけずに摂取できるのが、豆腐などの大豆製品なんです。
またダイエット中に起こりがちなイライラは、自分のために食事をつくって解消してみてください。イライラしているときこそ、食事がおろそかになったり、暴飲暴食にはしりがち。そんなとき、一食だけでも手づくりをしてみると「自分のため」という感覚から「自分のことを大切にしている」という実感を得て、自分の心も栄養も補え、心身が安定しますよ。

食前の炭酸水で満腹感大幅アップ

無糖の炭酸水を食前に飲むだけで満腹感が大幅にアップして、食べ過ぎを防止してくれます。
炭酸水自体、美容と健康によいのでまさにダイエット向きドリンク。500mlのペットボトルよりも飲みきりサイズの250mlがおすすめ。箱買いしておくと、とても便利です。

いかがでしたか。食べて痩せるダイエットは、食べないことは禁止! むしろ食べるべし! ただし、お話してきたルールをしっかりとりいれるのが成功の秘訣です。

記事を書いたのはこの人

Written by

美泉菜月

【夫婦アドバイザー/美脚家】フランスパリに美容を学びに留学後、美容業界で活躍。その後、夫婦アドバイザーとして恋愛/婚活/夫婦問題のカウンセリング・講座を行っております。大和撫子のような妻を目指して14年、大好きなことは先にも後にも美容です。 Amebaオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/kurumi401/