【夏までにヤセたい人必見!!】アノ食材でみるみる美しくなる!? 驚きのダイエット法3パターン!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.05.24.Tue

いよいよ夏に向けて「ダイエット」を本格的にはじめる人が増えてきました。食事制限や運動などでストレスをためていませんか? そんな無理なダイエットはもう古い! 海外セレブのあいだではやっている2016夏のダイエットは

1) 空腹感をおさえる食材でヤセる
2) 脂肪燃焼を促進する食材でヤセる
3) 両方の効果がある食材でヤセる

の3パターン。身近な食材を毎日その日の調子に合わせてとり入れることで、食べても自然と痩せられて、食生活を楽しみながら美ボディを目指せるので、肌も体も絶好調。まさに一石二鳥なわけです。ではさっそく、それぞれの効能をもつミラクル食材をご紹介していきましょう!

【パターン1】3つの食材で空腹感を攻略!

バナナ

バナナは食物繊維たっぷりで満腹感を感じやすく、食欲をおさえてくれるため、ダイエット中には最適! バナナと相性の良い牛乳やヨーグルトと一緒に食べると、より満腹感を得られて効果も二倍に。注意点は糖質が高いので、夜よりも朝~昼にとり入れるのがベスト。

キャベツ

歯ごたえがあり満腹中枢を刺激、お腹にたまるキャベツはダイエット中のおともに最適。食事の前にキャベツサラダを食べると食べ過ぎ防止にも。また、夜に空腹に耐えられなくなったらキャベツサラダで決まり!

アボカド

食べる美容液とも言われるアボカドは食物繊維や不飽和脂肪酸が豊富。お腹の中で膨らんで腹持ちも良いので朝に取り入れるのがおすすめ。同時に美肌も手に入るので、ダイエット中に起こりがちの肌トラブルも回避できますよ。料理本が話題になっているクリッシー・テイゲンは塩コショウで丸ごと食べているほどグルメ通からも熱い信頼のある美容フード。

【パターン2】3つの食材で脂肪燃焼を促進!

納豆

納豆に含まれる大豆たんぱく質には、脂肪燃焼をうながすアディネポネクチンという物質を増やす働きがあります。また普通のたんぱく質とは違い、低カロリーなのもダイエットの強い味方です。

海藻類

海藻のぬめりのもとであるフコイダンは、脂肪の吸収をおさえる働きがあります。サラダにとり入れ、食事の最初に食べると効果アップ。さらに食物繊維が豊富なので、下腹ポッコリさんは夏までにくびれたウエストが手に入る!? ミランダ・カーもとり入れているダイエット法です。

いわし

いわしに含まれるバナジウムという成分は、脂肪をエネルギーに変えて余分なコレステロールを抑制します。小骨にも含まれているので一緒に食べると◎。

【パターン3】2つの食材で空腹感をおさえ、脂肪燃焼を促進!

グレープフルーツ

グレープフルーツのあのほろ苦い味であるナリンギンという成分には空腹感をおさえる働きがあり、香りに含まれるヌートカトンは脂肪燃焼を促進します。

アーモンド

スーパーフードでもあるアーモンドは、脳に満腹サインを送る働きがあるオレイン酸を豊富に含むため、食事の前に2~3粒とるとベスト。さらに脂質の代謝をうながし、燃焼をサポートする効果も。なるべく味付けされていないものをセレクトし、一日20粒以内を目安として。モデルのハイディ・クルムもこの効果にやみつきなんだとか。

まとめ

いかがでしたか? すべて海外セレブのお墨付き! 日本人である私たちもとり入れやすい食材をセレクトしてみました。美しい人たちは知っているこれらの食材、さっそく夏までにとり入れるだけで、みるみる美しくなっていきますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/