【中村アン・仁香に学ぶ!】10㎏減も夢じゃない!? モデルが実践するダイエット法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2016.04.09.Sat

肌の露出が増えるこれからのシーズンにむけて、「痩せたい!」と思っている人が多いのでは? しかし、太るのは簡単でも痩せるのは本当に大変! 何度もダイエットに挑戦して失敗を繰り返しているという人もいるかもしれませんね。その原因はダイエット法にあるかもしれません。効果的なダイエット法はその成功者から学ぶのが1番!
そこで、今回は国内モデルのダイエット法をご紹介したいと思います。

【中村アン】5つのダイエット法

ファッション誌だけでなく、バラエティ番組でも大人気の中村アンさん。笑顔がキュートな印象の彼女のボディは健康的で美しいですよね。そんなアンさんですが、10代の頃は今より15㎏ほども太っていたころがあったのだそう。彼女が成功したダイエット法は下記の通りです。

1. 仕事帰りに3駅歩く

体脂肪を減らすには走ることよりも歩くことのほうが効果的ではないかと考えたアンさん。仕事帰りに3駅歩くことを習慣にしたのだそうです。

2. 炭水化物の量を減らし、たんぱく質をしっかりとる

糖質が高い炭水化物の量を減らし、筋肉をつくるために欠かせないたんぱく質をしっかりととることもダイエットには効果的。痩せやすく太りにくい体質に改善しましょう。

3. 甘い飲み物を炭酸水にシフト

それまで飲んでいた清涼飲料水などを炭酸水にシフト。2リットルを目標に飲んでいるのだそうです。

4. あら塩×半身浴で代謝アップ

100~200gのあら塩を入れて20~30分半身浴しているというアンさん。汗をたっぷりかいて代謝がアップするのだそうです。

5. みそ汁は毎日! 和食中心の食生活

アンさんは太ってしまった原因のひとつに食生活が関係しているとして、これまでの食生活を改め、和食中心の食生活に切り替えたのだそう。そして、みそ汁を毎日飲むようにしていると語っています。

【仁香】5つのダイエット法

年齢を感じさせないスレンダーな美ボディをキープしている仁香さん。ファッション誌やテレビ番組でも活躍されていますよね。そんな彼女の今の外見からは想像できないことですが、20代のころに13㎏も体重が増加。モデルの仕事もできなくなり、過食症にも悩んでいたといいます。そんな仁香さんがたどり着いたダイエット法は下記の通り。

1. 毎日1~2時間ウォーキングする

ランニングやボクササイズなどのハードなエクササイズにもトライしたという仁香さん。しかし、思うような効果を得ることができなかったのだそう。それがウォーキングをはじめてから半年で7㎏痩せ、リバウンドしなかったといいます。

2. 食事は白米中心の和食

炭水化物を抜くダイエットや置き換え式ダイエットなどにも挑戦した仁香さん。しかし、いずれも我慢できずに食べてしまったり、エネルギー不足になるなどの理由で失敗したのだそう。その結果をふまえて、白米中心の和食がベストとの結論にたどり着いたのだそうです。

3. 太ることを恐れて食べない!

「これを食べたら太るかもしれない」と気にかけながら食べるとそれがストレスになり、食事の吸収を高める恐れがあります。その結果太りやすくなるのだそう。そのため食生活にはメリハリをつけ、週に1度など好きなものをある程度食べるご褒美日をもうけるといいかもしれませんね。

4. 食事制限や筋トレなど取り組む項目を増やしてストレスを溜めない

食事制限や筋トレなどダイエットに我慢はつきものだと思いがち。しかし、我慢が多ければ多いほどそれがストレスになってしまいます。そのため、毎日とり組む項目を多くせず、シンプルなことにできれば楽しみながらとり組むのが効果的です。

5. なりたい自分を思い描く

半年後、1年後などになりたい自分を思い描くこともダイエットを成功させる秘訣だと仁香さんは語っています。また、ただ頭のなかに思い描くのではなく紙に書くなどすると、脳にそれがインプットされ、無意識のうちに痩せやすい方向へシフトするのだそうです。

いかがでしたでしょうか。今日からさっそくはじめられそうなダイエット法が多いですよね。まずは自分が続けられそうなことからはじめてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

エイジング美容研究家、美容ライター、@cosme公認ビューティスト。保有資格:日本抗加齢医学会正会員、アンチエイジングアドバイザー、スキンケアアドバイザー。1976年生まれ。ウェブサイトや雑誌の記事作成・監修を行う傍ら、ラジオや雑誌、企業のインフォマーシャルなどに出演。公式サイト「アンチエイジング ジャーナル」(http://antiaging-sachiran.com)