夏太りした!? 痩せるのに一番重要なのはモチベーションの定め方

すっかり涼しくなりました。皆さん体調はいかがですか? バテて痩せてしまった……という方は、食欲の秋でもりもり栄養をとって体力を回復させてくださいね。いっぽう、飲み会続きやストレス食いで太ってしまった……という方もいるはず。筆者もその一人です。

体重が定着してしまわないうちに戻そう!

人間の体には「恒常性」という機能がそなわっていて、一定の状態を保とうとします。ダイエット中の女性がカロリーを減らしてもなかなか体重が減らないのは、この恒常性も一因です。
また、リバウンドも我慢の反動での食べすぎも原因ですが、恒常性によって体が元の体重を保とうとする影響もあるといわれています。太ってしまった場合、その増えた体重が長く続けば続くほどそれが体にとっての「当たり前」になり戻しづらくなるってしまいます。はやめに手を打ちましょう。

モチベーションがしっかり定まれば、半分は達成したようなもの

ダイエットをしようと決めても、なかなか意志の力だけでは続かないのが人間です。とくに漠然と「-3kg」と決めたところで成功する人は少ないのが現実。そこで、「絶対にキレイなスタイルに戻そう!」と思うじょうずなモチベーションづくりの例をご紹介します。

【その1】恋

これは鉄板です。ダイエット中はついつい食べることばかり考えがちですが、恋をすれば好きな人のことで頭がいっぱい。「キレイになりたい」気持ちも自然とわき出てきます。
また、女性の脳は性欲中枢と食欲中枢が非常に近い所にあり、恋をして性欲中枢がたちあがると満腹になったのと近い感覚になるため、食欲がおさえられるという説もあります。「胸がいっぱいで食べられない」は本当なんですね。

【その2】ドレスアップする予定を入れる

代表的なのは結婚式への参加です。普段より肌を露出し、体のラインが出る服装をして人前にでるとなれば、体型を気にしないわけにはいきません。写真にうつる機会もあるでしょうから、お気に入りのドレスや新調した1着を着こなしたいと、自然とモチベーションアップにつながります。

【その3】同窓会や元彼もくる飲み会など、絶対キレイでいたい予定を入れる

久しぶりに会うメンバー、ましてやそのなかに元彼がいるとなれば……一番キレイな自分で行きたいのが女心です! その心理を利用して、「絶対キレイな体型に戻す」という強いモチベーションにつなげましょう。

【その4】スマートでおしゃれな女友達と会う

「類は友を呼ぶ」のか、美しくて体型にも気を配っている女性の友人は、興味深いことに同じように美しい人が多いです。おそらく、一緒にすごすうちに自然と美意識のレベルや行動パターン、食の嗜好も似てきますし、自分だけが「美」から遠ざかる行動(食べすぎなど)にでてしまうのが自然と抑制されるのでしょう。
また、キレイな人をいつも見ていると「自分もそうあろう」という刺激を受け続けることができるので、とてもおすすめです。

【その5】お店で洋服を試着する

アパレルショップは秋冬物の新作であふれています。ステキと思う洋服を見つけたら、試着して大きな鏡で全身をじっくり見てください。「ここがもうちょっと引きしまったらもっとステキに着こなせるな」「そもそも苦しい……」などの発見があればもうけものです。その服をするりと着られて美しく着こなせる自分になりたいという強い思いはダイエットの具体的なモチベーションになります。

以上5つの例を紹介しました。結婚式や同窓会を好きな時期に予定するのは難しいですが、共通する「人の視線」がとても重要です。見られる緊張感をたくさん味わってください。ほかのポイントもぜひ参考にしてみてくださいね。一緒にがんばりましょう。

2015.09.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 吉原由梨(ヨシハラ ユリ)

東大法学部卒業後、外資OL、秘書職を経て、現在は都内で夫と二人暮らしのフリーライター。30代初級者。 趣味は読書、グルメ、美容と健康の研究、マッサージ巡り、人間観察etc. 自身の経験や思索、あとは好奇心の赴くまま、幅広いジャンルのコラムを書いていきます。 Twitter:@yuriyoshihara ブログ:http://yuriyoshihara.blog.jp 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介