ウエスト周りを即効で細くしたい! それならこの3つの方法を試してみて!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2015.03.03.Tue

最近、お腹周りが気になる……。冬の間、厚着のせいで気がつかなかったけれど脂肪を溜め込んでしまったという方も多いのではないでしょうか? また年齢により基礎代謝が下がるとお腹周りに脂肪がつきやすくなるそう。特に骨がないウエスト部分は、お肉がつきやすいんだって……。ダイエットしてもなかなか凹まないお腹、効果があると話題の3大方法で冬太りを解消してみては?

1.姿勢を正しくするだけで代謝アップ!

体のゆがみや姿勢の悪さも、お腹周りにお肉がつく原因になることをご存知でしょうか? スッキリ、くびれたウエストを手に入れるためには「正しい姿勢」を心がけることも大切なのです。運動する時間がなくても、正しい姿勢を保つだけで新陳代謝がアップする。スタイルも良く見えるので、今すぐ姿勢を正してみましょう!

正しい立ち方

1.背筋を伸ばす
2.おしりを引き締める
3.お腹に少し力を入れて引き締める
4.軽く胸を張る
5.肩の力を抜く
6.あごを引く

姿勢がキレイなら骨がゆがむこともなく、余分な脂肪がつきにくい「痩せ体質」も目指せます。猫背を治すだけでスタイルアップが叶えば、お金も時間も要らない、こんなに簡単なことはありませんよね。今すぐ姿勢を正して脂肪を燃焼させましょう!

2.くびれ復活エクササイズ

正しい姿勢を保つためには、筋肉を正しく使わなければいけません。お腹の筋肉に刺激を与えて、ウエスト周りの脂肪をやっつける簡単エクササイズにもチャレンジしてみて。

1.足を肩幅に開いて立ち、両手を腰にあてて、お腹の筋肉を意識しながらウエストにぎゅっと指を押し込みます。
2.そのままの姿勢で、上半身だけを左右にぐ~っとねじります。左右1回セットで10回ほど行います。

3.骨盤のゆがみ改善エクササイズ

骨盤のゆがみから、ウエスト周りにお肉がついてしまうケースも多数。骨盤が歪んでいるとそれだけで太りやすくなるといわれています。また生理痛などのトラブルにもつながるので要注意。ゆがみを改善して、健康でスリムな体型に近づきたいですね!

1.足を肩幅に開いて立ち、腰に両手を当てます。
2.上半身はまっすぐのまま、腰を右方向に10回まわします。その後、左方向に10回まわします。上半身が動かないように注意しながら行いましょう。

まとめ

ウエスト周りがスッキリすると、体全体の印象も引き締まって変わるもの。姿勢を整えたり、プチエクササイズを習慣にして女性らしいくびれたお腹を手に入れたいものですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm