春まで痩せたい! ユルッと糖質オフダイエットで目指すマイナス5kg

2015.02.28

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

冬は太りやすい季節と言われています。そのワケは、寒さのため外出がおっくうになるなど運動量が落ちてしまうこと、代謝が落ちることなどがあげられます。そこで、冬ほど節制して体重を管理し、春に向けてダイエットを行うことがおすすめです。しかし、冬のダイエットは運動などにストイックに取り組むのではなく、頑張らなくても続けることができる糖質オフダイエットが◎。そこで今回は2種類のユルッと糖質オフダイエットをご紹介したいと思います。

1.週末は自由に、平日ユルッと糖質オフダイエット

筆者自身が実践中のダイエット法。1か月でストレスなく3kgの減量に成功しました。

ダイエット法

1.平日はできるだけ糖質の多い食品や飲み物を避ける。筆者の方法としては、避ける食品はビールなどの糖質の多い飲み物と砂糖を多く含んだ食品程度。炭水化物は握りこぶし程度を目安に控えめに。
2.間食は基本的にしない。どうしてもお腹が空いた時にはナッツ類やミニトマトを食べて空腹を紛らわす。
3.1日のうち1度以上の食事で糖質の低い食品から食べる。
4.週末は暴飲暴食だけは避ける程度で後は比較的自由に過ごす。ただし、就寝3時間前までに食事は済ませる。

メリット

・週末をご褒美日に設定できるのでそれほど無理がかからない。
・炭水化物を抜くわけではないため、炭水化物好きの人も続けやすい。
・生活にメリハリをつけやすい。

デメリット

・気を引き締めないと週末に食べ過ぎて平日の努力を無駄にする可能性も。
・目標体重に到達するまでに少し時間がかかる。

2.週に2日だけ頑張る糖質オフダイエット

筆者自身は先にご紹介した平日ユルッと糖質オフダイエットを実践中ですが、短期集中で行いたいという人におすすめしたいのが、週に2日だけ頑張る糖質オフダイエット。

ダイエット法

1.週2日の設定を守れば連日でなくてもOK。
2.ダイエット日の2日間は糖質の多いものを食べない。糖質の多いものとは、砂糖を多く含んだ食品やご飯、パンなどの炭水化物、揚げ物などを食べないようにするというもの。
3.タレ、ケチャップ、ソース、ドレッシングなど糖質の多い味付けもNG。
4.野菜とタンパク質はどれだけ食べてもOK。

メリット

・週に2日なら無理なく行うことができる。
・食べる量が自然と減り、胃が小さくなる。
・糖質依存状態をリセットできる。

デメリット

・炭水化物が好きな人にはつらい。
・お腹を膨らませるのに工夫が必要(こんにゃくなど低カロリー食を味方にしたメニューを考える必要がある)。
・外食する日には実践するのが難しい。

自分のライフスタイルに合わせて無理のない形でダイエットに取り組むことが長続きの秘訣なのではないでしょうか。参考にしていただき、春までにすっきりボディを手に入れ、春ファッションを楽しんでいただきたいと思います。

▽ 参考:『からだにいいこと』2015年3月号(祥伝社)

2015.02.28

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 遠藤幸子

エイジング美容研究家、美容ライター、@cosme公認ビューティスト。保有資格:日本抗加齢医学会正会員、アンチエイジングアドバイザー、スキンケアアドバイザー。1976年生まれ。ウェブサイトや雑誌の記事作成・監修を行う傍ら、ラジオや雑誌、企業のインフォマーシャルなどに出演。公式サイト「アンチエイジング ジャーナル」(http://antiaging-sachiran.com)

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介