痩せている人がキッチンにストックしている4つの食材

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Boytoy

Written by:

2014.11.20.Thu

いつもスリムな体型をキープしている乙女達。一体何を食べているの?? 彼女達の食生活のヒントを探れば、無理せずスリムな身体を手に入れる近道がわかるかも! 今回は痩せている人達がキッチンにストックしている食材を覗き見してみましょう。

チョコレート

ある研究によれば、「“日常的にチョコレートを食べる人”は“チョコレートを頻繁に食べない人”と比べて実際に痩せていることが多い」んだとか。チョコレートを食べているグループは食べていないグループに対して、1日の摂取カロリーもほんの少し多く、エクササイズも長く行っていないのにも関わらず痩せている傾向があるそうです。
この研究の結果は「ガマンしても、結局後からもっと食べてしまう!」というシンプルな理由によるものと考えられています。罪悪感を抱かずに、食べたい時にチョコを楽しむという行為が結果的には「満足したら食べるのをやめる」という節度ある食べ方につながるんだとか。また、チョコレートを食べることによって脳内に幸せホルモンが放出され、心が落ち着くことでやけ食いを防いでくれるという側面もあるようです。

カッテージチーズ

テネシー大学が行った研究によれば「低脂肪でカルシウムがたっぷり含まれた乳製品を1日3~4回食べる人は、1日に2回以下食べる人に比べ、摂取カロリーでは150~200カロリー多く食べているにも関わらず、より痩せた」ことが明らかになっています。カッテージチーズは他のチーズと比べても、低カロリーなうえ、タンパク質やカルシウムがたっぷり。“ダイエットフード”として一度にたくさん食べるよりも、サラダやトーストのトッピングとして日常的に取り入れましょう。塩分が少ない物を選べば、むくみも避けることができます。

ピクルス

小腹が空いたとき、塩っぽいもの、さくさくしたもの……が無性に食べたくなってしまうとき、ありますよね。そんな時はポテトチップスよりもピクルスをチョイス! 繊維の多いセロリやニンジンのピクルスは消化に時間がかかるため、満足感が長続きするうえ、とってもローカロリーです。とはいえ、日本のお漬け物は塩辛くたくさん食べると塩分のとりすぎに。ずぼらな筆者のおすすめは簡単にできる一夜ピクルス。キュウリ、セロリなどお好みの野菜をビニール袋に入れ、オリーブオイル、酢、塩(お好みでブラックペッパー)を加えて一晩つけておくだけ! 小腹が空いたときはもちろん、ダイエット中のディナーのりっぱな一品にもなってくれますよ。

朝ご飯はシリアルやグラノーラ派! というダイエッターなら、そこに1品タンパク質を加えてみて。卵に含まれるタンパク質は、満腹感を与え、その後のつまみ食いを防いでくれます。実際に、タンパク質が豊富な朝食を食べている人は、ディナーのカロリーが200kcalも減るなんて研究結果も。ランチ前にお腹がすいて、ついつい食べ過ぎてしまう……なんてあなたは、朝食にゆで卵一つ加えるだけで腹持ちがぐんとUPするかも!

あなたも今日からキッチンのストックを見直してみては?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Boytoy

元Go-Go Dancer。
美を競うダンサーの世界で培った”女を磨く術”をわかりやすくお伝えします。
外見はもちろん内面もぴっかぴか磨き上げましょう。