食べ過ぎた……と思った翌日は、「納豆+野菜」の力を借りよう

2014.11.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

食欲の秋。食べる物が何でもおいしくて、ついつい際限なく食べてしまう季節です。スイーツもごはんも、魅力的なものばかり。
「ダイエットのためにも、我慢しなくちゃ……食事制限しなくちゃ……」と思うのは何だかもったいないですよね。筆者も、秋は大好きな季節。体重を気にすること無く、秋の味覚は楽しみたいと思っています。
そこで、「食べ過ぎた翌日にピッタリの食品」をご紹介します。
それはずばり、「納豆」です。

納豆の力!

納豆には、カリウムが多く含まれています。カリウムは、水分の代謝を促し、老廃物を排出する作用があります。ビタミンB2も豊富なので、美容効果も抜群です。
納豆単品で食べても良いのですが、栄養素豊富な食品をプラスαとして加えると、さらに効果がアップします。
食べすぎてしまったな……という翌日は、なるべく油物や高カロリーなものは控えて、納豆を食べるようにする。これだけで、結構効果がありますよ。
筆者お気に入りの食べ方をご紹介します。

納豆+生タマネギ

生タマネギは、塩でもんで、水分を出してからよく洗います。それを納豆に混ぜるだけ。タマネギは少量で、みじん切りにしています。
けっこうピリ辛ですが、納豆とタマネギの相性は抜群です。便通も良くなり、血液もサラサラになるのだそう、毒素を排出する効果も抜群なので、食べすぎた次の日には是非食べたい組み合わせの1つです。

納豆+大根おろし

大根をおろして、納豆にかけるだけの簡単な物。大根に含まれるジアスターゼは胃腸の調子を整えてくれます。また、大根おろしをかけることによって、納豆のネバネバは無くなります。納豆のネバネバがついてる食器を洗うのは、ちょっと鬱陶しい……と感じる「朝の食卓」に特におすすめです。醤油をかけて、いただきます。
筆者はこの組み合わせに、さらに「ちりめんじゃこ」を加えて食べたりもします。満腹感も得られますし、大根おろしの辛みが減るような気がします。

納豆+オクラ

粘りもの同士って、不思議と相性が良いと思いませんか? 納豆のネバネバとオクラのネバネバ、2つが合わさると食べごたえ十分な1品に変身します。
オクラのネバネバは、水溶性食物繊維。腸の調子を整え、糖の吸収を穏やかにしてくれるのです。美容にも健康にも、効果が期待出来ます。さらに梅干しを加えると、さっぱりして食べやすいです。2日酔いで苦しんでる時にもお勧めです。

納豆+キムチ

発酵食品同士の組み合わせです。キムチを納豆に混ぜるだけ。
納豆菌とキムチの乳酸菌を混ぜ合わせることによって、乳酸菌が増えます。腸内環境を整え、老廃物の排出を促します。免疫力アップ、成人病予防効果も期待できます。筆者個人的には1番好きな食べ方。
疲れが溜まってきたな……と思った時に必ず食べたくなる1品です。

2014.11.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト! オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介