極端なダイエットとは無縁! スリム体質な人たちの見習いたいプチ習慣

2014.07.18

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

ダイエットしてもリバウンドを繰り返す人と、常に一定の体重をキープしているスリム体質な人の違いはどこにあるのでしょう? それは普段のちょっとした習慣が大きく影響しているようです。そこで今回は、スリム体質に近づくために見習いたいプチ習慣たちをまとめてみました。

プチ習慣1:1日3食きちんと食べる

当然のようですが、忙しさを理由に朝食を抜いている人もかなり多いようです。でも、1日で最も大事なのは朝食と言われるほどで、朝しっかり食べることで、極度にお腹が空くこともなく、昼やおやつにドカ食いや暴食することも防ぐことができます。1日3食、きちんと食べる、この当たり前をしっかり実践できるようにしましょう。

プチ習慣2:1日のうち1食は、人に見せても恥ずかしくない内容の食事だ

毎回レストランレベルの食事をすることは不可能でも、少なくとも1食は栄養バランス・見た目の面で、人様に見せても恥ずかしく内容の食事をとりましょう。主食と副菜が組み合わされ、タンパク質(肉・魚・豆類)やビタミン各種もバランスよく。そして食べるときは、“ながら”ではなく、食べることに集中し、食事を楽しむように心がけて。食事を疎かにしない、大切に味わうという気持ちは健康な生活の基本といえます。

プチ習慣3:食事を選ぶときは、栄養面を重視する

その時々で気の向くままに好きなものを食べていては、ついつい食べ過ぎてしまいがち。スリム体質な人たちは、食事を選ぶときでもまず、栄養バランスを重視します。昨日はお肉を食べたから、今日はお魚でシンプルに、あるいは野菜が足りていないと感じたら、スープや炒め物でたくさん食べるようにするなど、今の自分に足りない栄養はなにか常に意識することで、偏食を防ぐことができます。

プチ習慣4:たまには好きなものを存分に楽しむ、でも次の日まで持ち越さない

もちろんたまにはお酒やチョコレートを存分に楽しむことがあります。スリム体質のために、好物をすべて諦めるのはかえってストレスをためるだけで、結果的にやけ食いを招くだけ。ただし、思う存分好きなものを堪能したら、次の日からはまたいつも通りのヘルシーな食生活に戻りましょう。

プチ習慣5:たくさん水を飲む

これもきわめて常識的なことのようですが、とにかくたくさんの水を飲むことで、食べ過ぎを防げるし、体内の毒素を排出する意味でも水を飲むことはもっともシンプルで有効的なことです。お水では味気ないという人は、ハーブティーやレモン水などもおすすめです。とくに喉が渇かなくても、体内が水分不足になっていることもあるので、暑いときにはなおさら気をつけましょう。

参考記事:The 9 Habits of Naturally Thin People

2014.07.18

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介