あれをするだけでOK! 梅雨時期の運動不足はこれで解消!無理なく運動量を上げるポイント

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2014.06.17.Tue

雨降りが続くこの季節。出かけるのが面倒くさいと室内で過ごしたり、車での移動が増えたりと運動不足が気になりませんか? ドキッとしたあなた、もしかしたら新陳代謝が低下しているかもしれません! 代謝が下がるとお肌の再生サイクルを鈍らせるだけでなく、老廃物や汚れが、毛穴に詰まったままの状態になりがち。その結果、さまざまなお肌トラブルにつながる心配があります。今回は、運動する時間がない方、運動が苦手な方でも毎日の習慣にちょっと工夫するだけで、無理なく続けられる運動方法や美肌ストレッチをご紹介します。

新陳代謝が上がるとお肌にもたらされる良い効果

身体を動かすことで新陳代謝をアップさせると、お肌にとってどんな良いことがあるのでしょうか?

お肌に必要な栄養素がスムーズに届くように!

血流をアップさせれば美肌を保つために必要な栄養素がスムーズに運ばれて、美肌づくりをサポートしてくれる♪ というわけなのです。

老廃物を身体の外に流し出してくれます!

汗をかくと身体に溜まった老廃物が、一緒に流れ出るといわれています。さらに、毛穴に溜まった汚れや不必要な皮脂を流す効果もあります。しっかりと汗を流して、溜まりにくい体質を目指せば、透明感のある美肌づくりに役立ちます♪

お肌の再生サイクルを正常化する効果も!

新陳代謝が悪くなると、お肌の再生力が鈍くなるといわれています。汗をかくことで、再生サイクル(ターンオーバー)を促進すれば、お肌を再生・補修する機能を高める効果が期待できます。

気分もすっきり! ストレス解消にも♪

身体を動かすと、気分もさっぱりしてリフレッシュすることができますよね。血流が良くなることで、肩こりなどの解消にも役立ちます。気分転換やストレス解消もお肌のケアには欠かせないことです。心のケアも兼ねて毎日の運動を習慣にできるといいですね♪

運動が苦手な方でも大丈夫! 簡単運動法は?

まずは、無理なく日常の生活範囲内で出来る「運動習慣」を続けましょう! 運動で効率的に脂肪を燃焼させるためには、「15分~20分以上続けて行うこと!」といわれています。けれども「その時間がなかなか取れないから」とあきらめることはありません。それより短い時間でも身体を動かせば、その分のカロリーは消費されて代謝も良くなります。
時間を見つけてその都度、運動をすることが大切です。また、普段からこまめに身体を動かす習慣をつけておくことも重要です。
例えば、

・エレベーターを使わずに階段を使う
・わざと遠回りして出かける
・電車では座らずに立つ
・いつもより大げさに大きな動きをする
・座ったままで過ごさずに、こまめに立ち上がる

……など無理なくできる運動を意識してみましょう!

ちょっとプラス♪ 無理なくできる運動を!

ほかにも、毎日の生活の中で簡単に実践しやすい手軽な運動方法をご紹介します。

大また&早歩きで歩く

家から駅、スーパーへのお買い物などのちょっとした移動も大またで歩いたり、早歩きをすれば運動効果が得られます。ゆっくり歩くよりも身体が温まるので、気温差が激しい梅雨時期には、特にオススメしたい方法です。腕は、ほぼ直角になるように曲げて、前後に大きく振る。いつもよりもプラス10センチ程度広い歩幅を意識してみましょう!

通勤中・ふくらはぎの運動

通勤中でも運動はできます。手すりやつり革につかまりながら両足のかかとをゆっくり上げ下げしてみましょう。20~30回を目安に繰り返すのが効果的です。下半身のシェイプアップにも役立てられますよ。転倒に注意して、電車が揺れている時には気をつけてくださいね。ただ、爪先立ちをするだけでも運動効果が得られるといわれています。お部屋の中でも、爪先立ちをしてみるのもいいでしょう。

掃除中・太ももの運動

掃除機をかけながら、片足を一歩踏み出してひざを曲げて、そのまま5~10秒間キープ。左右交互に5回ずつを目安にやってみましょう!

まとめ

なかなか運動する機会がないと嘆かずに、毎日の生活の中で無理なく続けられる「運動」を意識して下さいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm