あったかいけど着ぶくれはイヤ! ニットの着やせテクって?

2014.01.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

冬のマストアイテム、ほっこりニット。暖かいし、ジャケットなどのように着ていて疲れることもなく、何枚でも欲しい! でも、ラクなんだけどなんだか太って見える気がすることもありませんか? 楽チンかつほっそり見えるニットの着こなしってどんなの?

ニットこそブラが大切!

素材にボリューム感のあるニットを着るとき、胸のシルエットが悪いと「ふっくらバスト」も「デブ」に見えてしまいます。ニットのときこそ、ワキ肉をホールドしてくれて中心に向かって高さを出してくれるブラをつけた方が着やせします。胸が大きく、ニットだと目立ってしまう……という人は、胸をコンパクトに見せるブラもあります。胸の肉を周囲に流さないことがニットでの着やせの第一歩です。

肩の縫い目に注意

ニットを着るとなぜかたくましく見えるという人は、ニットの肩の縫い目が本来の肩幅より内側に入っていることが多いもの。着ていて窮屈に感じなくても、ココがタイトになっていると二の腕が太く見えたり、小さいサイズを無理に着ているように見えてしまいます。ニットを買うときも必ず試着し、肩の縫い目が合わないものは避けましょう。ドルマンニットやドロップショルダーなど、肩の存在感を薄くするシルエットのものを選ぶのもよいでしょう。

くびれがないならロングニット

タイト目な短め丈のニットは、くびれが少ない人だとおなか周りが肉付き良く見えたり、メリハリがない幼児体型に見えることも。ロングカーデやすこし体が泳ぐようなゆったり目のロングニットで、ボディラインを控えめに見せる方が女っぽく見えることも。

ふわもこ素材ならデコルテはあける

モヘアなどもこもこしたニット生地は女子ならではのアイテム。柔らかそうな質感がふわっとした女らしさを際立ててくれます。そんなふわもこ素材を選ぶなら、襟元がぴっちり詰まったものはヌケ感がなくもっさり見えたり、ちょっと上半身がボリューミーに見えることも。デコルテがキレイに開いたものを選ぶ方が着やせします。中途半端なデコルテの開きなら、いっそタートルを着てまとめ髪にするのも、顔が小さく華奢に見えるのでおすすめです。

ニットでもひじ下は華奢に

手首周りにリブがある長袖タイプのニットはベーシックで飽きがきませんが、女子の華奢な手首を隠してしまい、着やせ効果は少なめ。ポンチョタイプやベルスリーブになっているものなど、手首周りに余裕があるものでひじ下を華奢に見せると着やせします。
「そんなの寒い!」という人はニットの下からシャツのカフスや、重ね着したカットソーを覗かせたりアクセントを付けると手首周りがほっそりします。のっぺりしがちな冬スタイルにメリハリをつける意味でも、バングルなどをプラスするのもおすすめです。

2014.01.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 中野亜希

東京在住のフリーライター。 音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。 ツイッター:@752019

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介