女は30歳から輝きだす! キレイを保つ秘訣は?

2021.01.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

女性は30歳から本当の美しさを発揮するといいますが、いざなってみると「全然そんなことない……」と思ってしまいますよね。
しかし、女性はやっぱり30歳になると輝くことができるのです。そこで今回は、30歳を過ぎてからのキレイを保つ秘訣について、みなさまに聞いてみました!

面倒だからやらないをなくす

「面倒だなぁって思うことはできればやりたくないし、避けて生きていけるならそのほうがラクですよね。
でも面倒だと思うタスクをこなすことで自信になっていくし、達成感があります。面倒ごとにはいちいち首をつっこむくらいの勢いが大事! そうじゃないと、どんどん衰えていっちゃう」(31歳/アパレル/女性)

▽ 若い頃ほど体力も元気もないのでラクなほうへと進んでいきたくなるものですが、そこでラクな道を選んでしまうとさらに元気がなくなってしまいますよね。若いパワーに負けないくらいの気持ちで何事も取り組んでいけば、明るく前向きになれそうです。

自然体でいられるようにする

「30歳を過ぎて無理をすると心身ともに疲れやすくなってくるので、なるべく自然体でいられるようにしています。自然体でいるためにやっていることは単純で、無理をしないこと。心の健康を保つことがキレイでいられる秘訣かな」(32歳/アパレル/女性)

▽ 無理をしない、というと具体的にどうすればいいのか悩むところではありますが、危険信号を察知することが大切です。
「疲れているかも」「休みたいかも」という信号をすぐにキャッチすることで、無理をしないラインが見えてくるようになります。

メイクは厚塗りをしない

「顔のしみやシワが気になるようになって隠すように厚塗りをしがちなんですけど、厚塗りすると本当に老けてみえるんですよね……不思議なことに。
気になる部分を隠せても老けてみえたら意味がないので、カバーできるところはして、絶対に厚塗りをしないように心がけています。そのほうが肌もキレイに見えてテンションも上がる!」(33歳/経理/女性)

▽ 気になるところが増えると、コンシーラーやファンデーションで隠せるだけ隠したいですよね。しかし、厚塗り感が出るとおばさんっぽく見えてしまうものです。
気になる部分を隠しつつ、できるだけ自然な仕上がりになるように心がけてみましょう。

若作りに執着しない

「若い子を見ると羨ましいなぁって思うし、若い子と同じように生きたいって思って、自分を見失っちゃうことがあるんです。
でも、今の年齢だから見せられる美ってあるし、若いだけがすべてじゃないって思うようになって心が軽くなったんですよね。若作りに執着すると今の時間がもったいない!」(29歳/保育士/女性)

▽ いつまでも若くいたいと思うことと、若作りをすることは全然違いますよね。今の自分を受け入れて、自分が一番キレイでいられる状態を作り出す。これが大切です。とはいっても、自分を受け入れるのが一番難しい作業かもしれません。

まとめ

キレイでいるためには今の自分を肯定して、さらに磨きをかけようと前向きになることが大切です。
たとえ今の自分に納得がいかなくても、キレイでいようとする気持ちが大事。これからも自分を見失わず、自分と向き合ってキレイを追求していってくださいね。

2021.01.13

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by きいろ

アイドル活動や、メイド喫茶に勤めていた経験を生かし、皆さんが楽しめるものを執筆していきます。 ゲームをしたり、アニメを観るのが好きな根っからのオタクですが、外の世界も大好きです。 twitter https://twitter.com/yellow_cnmeid ameblo http://ameblo.jp/miretteretta/

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介