【梅雨時のヘア対策】まとまりやすい髪に導くトリートメント3選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2019.06.16.Sun

湿気の多い梅雨の時期は、外出前にいつもと同じようにスタイリングしていても、うねったり、広がったりしてヘアスタイルが乱れがちです。そのため梅雨時にはそれに適した対策をとることが大切です。今回は、梅雨時の髪の湿気対策とそのひとつの手段としておすすめの洗い流さないトリートメントのご紹介をします。

梅雨時に髪がうねり広がるワケ

梅雨時に髪がうねったり、広がったりするのはなぜなのでしょうか。しっかりと理解して対策をとるとことが大切です。
それは、湿気によって髪の水分バランスが崩れてしまうことが大きく関係しています。湿度が高くなると、髪の水分量も増えて髪が膨張することになります。そうすると、髪が真っ直ぐの状態を保てなくなり、うねったり広がったりします。特にくせ毛の人は普段より状態がひどくなり、まとまりにくくなります。そのため放置せず、しっかりと対策をとりましょう。

梅雨時にしたい髪の湿気対策

梅雨時に髪のうねりや広がりに悩まされないようにするには、どのような対策をとればいいのでしょうか。今回は自宅でできるケアに絞ってご紹介します。

1. お悩みのくせ毛に効果のあるヘアケア用品を使う

シャンプーやトリートメントのほか、スタイリング剤などのヘアケア用品を、悩んでいるくせ毛にアプローチできる商品にシフトしましょう。このほか、ダメージケアをできるものや水分を補給できるようなヘアケア用品にシフトするのもおすすめです。

2. ドライの際にも一工夫を

シャンプー後タオルドライしたら、できるだけ早くドライヤーで髪を乾かしましょう。その前に洗い流さないトリートメントを使ってドライヤーの熱から髪を守ることも大事です。根元からしっかりと乾かして髪を立ち上げるようにし、温風だけでなく、冷風も交互にあてましょう。また、毛先が完全に乾かないくらいにとどめるのがベストです。

3. 保湿力の高い洗い流さないトリートメントを使う

保湿力が高く、髪がまとまりやすくなる洗い流さないトリートメントを使用しましょう。一般的にオイルやそれに匹敵するほどの保湿力を持つものがおすすめです。

おすすめの洗い流さないトリートメント

1. キールズ スムージング ヘアオイル(75ml・税抜価格2,900円)

うねりを抑えてまとまりやすい髪へと導くヘアオイル。オイルの中では軽めの使用感でベタつきもあまり感じられません。使用後の髪にはツヤが出てサラサラに。スタイリングしやすい髪に仕上がります。ただし、香りが若干独特なので好みがわかれるところかもしれません。テスターなどで香りを確認してから購入されることをおすすめします。

2. ウカ ウカヘアオイル レイニーウォーク(50ml・税抜価格4,000円)

湿気による髪のうねりや広がり、ハネなどを抑えてまとめやすくするヘアオイル。髪にスッとなじんでツヤも出ます。こちらのオイルもオイルの中では比較的サラッとした使用感でベタベタせず扱いやすいのが◎。梅雨で鬱々としがちな気持ちを吹き飛ばしてくれそうなリフレッシュ効果のある香りです。

3. LINNA アウトバストリートメント(100g・税抜価格2,400円)

オイルに匹敵するほどの保湿力を誇るクリームタイプの洗い流さないトリートメント。手にとると、白色のやわらかなクリームで、毛先になじませたそばからスッと髪に浸透していきます。その仕上がりはしっとりとするのにベタつかず、重くなりすぎることもありません。使い続けることで透明感とみずみずしいツヤにあふれた髪へと導きます。

梅雨の時期は、このようにしっかりと湿気対策をとりつつも、ヘアスタイルを変えてみるのもおすすめです。時に髪を巻いてみたり、アレンジしたりするヘアスタイルもぜひお試しください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

エイジング美容研究家、美容ライター、@cosme公認ビューティスト。保有資格:日本抗加齢医学会正会員、アンチエイジングアドバイザー、スキンケアアドバイザー。1976年生まれ。ウェブサイトや雑誌の記事作成・監修を行う傍ら、ラジオや雑誌、企業のインフォマーシャルなどに出演。公式サイト「アンチエイジング ジャーナル」(http://antiaging-sachiran.com)