コンプレックス解消! エラ張りを目立たなくする方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2018.11.25.Sun

どんなに自分のルックスに自信のある人でも、顔に1つや2つコンプレックスはあるもの。今回はInstagramのフォロワーさんよりリクエストいただいた、顔のエラを目立たなくする方法についてご紹介していきます。

“エラが張った顔”ってどんな顔?

よく“エラが張った顔”といいますよね。もちろん骨格の関係でエラが張って四角いという場合もあります。しかしそうではなく、実は咬筋という顎のつけ根の筋肉が発達し、輪郭が四角く見える場合もあるんです!
この場合でエラが気になるという人の中には、歯を食いしばる癖がついていたり、睡眠中に歯ぎしりをしてしまっていたりと、無意識のうちに咬筋を使っている可能性が。その場合、上下の歯をつけないように意識したり、咬筋部分を優しくマッサージすると効果があるかもしれません。
また、加齢とともに皮膚がたるんでくることにより、顔が四角く見えることもあります。この場合は顔ヨガなどで顔の筋肉を鍛えて引き上げることがポイントです。

メイクでエラを目立たなくする方法

エラの角を取り、顔の上半分にポイントを置いて視線を外していくことで、エラを目立たなくしていきます!

<用意するもの>
・ シェーディング用のスティックorリキッドファンデーション(自分の肌色より2トーン程度暗い色)
・ ピンクorパープルのコントロールカラー(顔のトーンを明るく引き上げる色)
・ 濡らしてよく絞ったスポンジ
・ 肌色に合うリキッドファンデーション
・ チーク(パウダーorクリームどちらでも可)

<メイクの方法>

1. 化粧下地を塗った状態からスタート。スティックファンデーションでエラを削ぎ落すように、角のある部分に色をのせていきます。次に、ピンクのコントロールカラーで目の下から頬全体をブライトアップさせていきましょう。

2. 濡らしたスポンジを用意し、自分の肌色に合ったファンデーションを額から顎に向かって塗っていきます。エラ部分に塗ったシェーディングカラーは、広範囲に広げると全体の顔色が暗く見えてしまうため、必ず顔の外側(輪郭)へ向かって伸ばし影を作ってみてください。

3. チークとハイライトを入れて、目線を上に持っていきます。このときチークは、こめかみ~ニコッと笑ったときに高く見える部分にふんわりとのせ、ハイライトは眉尻~頬骨にかけてのCゾーン・チークを入れた部分に重ねるように塗ります。
ハイライトの仕上がりをナチュラルにするには、ラメやパール感の少ないホワイト系のアイテムを使うのがおすすめです。

Before・Afterを比較!

Beforeは全顔のトーンが同じため、のっぺりした印象に。顔の上側にポイントがないため、自然とエラ部分に目がいってしまいます。
Afterは肌色にコントラストをつけているため、顔が立体的に見えます。エラ部分は暗め、顔の上半分を明るくすることで、人からの視線は顔の上半分に集まりやすくなります。

エラ張りは髪型でもカモフラージュ

エラが張っている場合、決め手となるのは顔のサイドの毛。耳掛けスタイルやサイドバングのないヘアスタイル、後れ毛のないポニーテールなどはエラ張りを助長する原因になってしまいます。ワンカールやパーマなどで角を目立たなくしたり、エラ部分をうまくカバーするよう後れ毛を出すなどして工夫してみてください!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

NY近郊在住のコスメコンシェルジュ。NY州認定エステティシャン。1児のママ。Instagramのフォロワーは3万人超。独自のコンプレックス解消メイクテクには定評あり。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/