肌トラブルと無縁に! NYセレブも虜の「ローズウォーター」とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2018.11.12.Mon

筆者はアメリカで暮らし始めてから約2年半がたつのですが、この2年半、ずっと肌荒れに悩まされ続けてきました。そんなつらい状況の中、NYで活躍中のメイクアップアーティストが教えてくれた“ローズウォーター”を使い始めたところ、肌状態はみるみるうちに改善されていったのです……!

アメリカと日本の環境の違い

なぜアメリカでローズウォーターがはやっているかを知るためには、日本とアメリカの環境の違いを押さえておく必要があります。
まず、筆者がアメリカに来て感じたのが肌の乾燥。とくに冬場はどんなに化粧水やクリームを塗っても肌が粉吹き、おまけにニキビができるなど散々な状態が続きました。その理由は、アメリカの低湿な気候・紫外線が強い・水質が硬水であることなどが考えられます。

湿度が低すぎて、お風呂上りはタオルを使わなくても乾いてしまうし、車に乗れば陽射しが強すぎてサングラスなしでは運転できないほどなのです。そのため、保湿や紫外線対策は念入りに行うのが習慣になりました。

しかしどうして、肌は乾燥ぎみなのにニキビができるんだろう……という壁にぶち当たることに。いろいろなニキビ薬を試したり、スキンケアを試しても一向に肌は改善せず、もうお手上げ状態。そう、筆者はアメリカの水質が“硬水”であることを完全に見過ごしていたのです。

硬水は肌にどう影響するのか?

硬水は肌にどういう影響を与えるのか……それは洗顔に深く関係しており、石鹸と硬水に含まれるミネラルが化学反応を起こすことによって、肌にダメージを与えてしまうのだそう。
硬水と石鹸を一緒に使うと、石鹸カスが顔にへばりついたり、毛穴を塞いだりしてしまうことで、乾燥や肌荒れを引き起こす原因に……。この事実を知って以降、アメリカで石鹸を使うのは絶対やめようと心に決めました。

アラフォー男性に美肌の秘訣を聞くと…

そんな中NYのメイクアップスクールに通うことになった筆者。そこで講師をつとめていた44歳男性は、トラブルなど一切ない美肌の持ち主だったのです!
早速おすすめの化粧水を聞いたところ、即答されたのが“ローズウォーター”でした。正直、オーガニック系の商品は「肌には優しいけれど、変化はあまり期待できない」と思っていたのでビックリ! とはいえすぐさま試すことにしたのです。

ローズウォーターの驚くべき美容パワー

筆者は朝晩の洗顔後にローズウォーターでたっぷり保湿し、グレープシードオイルで水分を閉じ込めるだけという簡単ケアに切り替えました。すると、乾燥やニキビで悩んでいたのが嘘のように、使用開始から1か月後には肌が元気な状態に!
ローズウォーターはピュアなバラの蒸留水のことで、想像をはるかに超えた美容パワーを秘めています。pHを整えることでトラブルを起こしにくい肌に導き、また日焼けなどでほてった肌をクールダウンさせ、落ち着かせてくれると言われています。海外セレブに愛用者が多いのも納得です。

シンプルだけど肌がこたえてくれるはず

ローズウォーターは値段も手ごろでリピートしやすく、着実に肌状態がよくなっているのが実感できるステキなアイテム。心の底から「もっと早く出会っていればよかった!」と思っています。みなさんもぜひ、ローズウォーターのシンプルケアで肌トラブルとサヨナラしましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

NY近郊在住のコスメコンシェルジュ。NY州認定エステティシャン。1児のママ。Instagramのフォロワーは3万人超。独自のコンプレックス解消メイクテクには定評あり。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/