アラサー女子が直面! お肌の曲がり角を実感した5つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮本彰子

Written by:

2018.08.26.Sun

アラサーになったらおばさんって思っていたけれど、なってみると20代前半と変わらないって思いますよね。けれど着実に歳は重ねています。そこでアラサー女子が実感したお肌の曲り角5つをご紹介します。

頬の毛穴が目立つ

「20代後半になって急に頬の毛穴が目立つようになって、ファンデでがっちりガードするようになりました。けれどある日、夕方、鏡を見ると毛穴にファンデが詰まって白く浮いていました。このまま頬の毛穴が悪化していくのかと思ったら、悲しくなりました」(20代後半・美容師)

▽ 若い頃は小鼻の毛穴が気になっていたという方が唐突に気づくのが頬の毛穴です。たるみや乾燥で出てくることが多く、一度気になると大きな悩みとなるパーツでしょう。とはいえ、今の肌に合ったケアを見つけられれば確実に改善する悩みでもあります。

にきびの治りが遅い

「20代になってからにきびはほとんどできなくなったのですが、たまにできるとしばらく引きずります。しかも跡がしみっぽくなって、これがお肌の曲がり角かとショックを受けました」(20代後半・役所勤務)

▽ アラサー女子が悩まされる大人にきびは10代のような皮脂分泌ではなく、ストレスや生活習慣が原因の場合が多いです。そうなるとスキンケアだけでなんとかならず、長期化し跡になってしまうことが増えます。お肌の不調を感じたら、自身の健康に目を向けるタイミングかもしれません。

ほうれい線ができた

「髪が長いので美容院は3か月に1回くらいしか行かないのですが、先日久しぶりに行ったところ、ほうれい線がくっきり。家の鏡では気づかなかったですが、髪を全部あげて明るいところで見たら、確実に歳を感じました」(30代前半・事務職)

▽ 人間は重力にさからえません。長く生きれば、それだけ下がって行く場所もできます。けれど努力で食い止めることもできますので、諦めず口周りの筋トレに励みましょう。

シミが増えた

「最近コンシーラーの減りが早いなと思っていたら、塗る箇所が増えたことに気がつきました。そばかすだと言い聞かせていましたが、いつのまにかシミができるようになっていました」(20代後半・ブライダル関係)

▽ 日光を浴びていれば、シミは避けて通れない運命です。ただ最近では美白や日焼け止めアイテムも増えていますので、シミとお近づきになりたくないのであれば、試してみましょう。

顔色が悪くなった

「夕方になって顔が疲れて見えることが増えました。どうやら顔が黄ぐすみしてしまっているようでした。若い頃のハリやツヤがなくなっていることに気づき、歳にはさからえないと思いました」(30代前半・保険会社)

▽ アラサーになり、くすみが気になるようになったという声は多く聞きます。にきびと同じく、くすみもスキンケアだけではなく、食生活を改善しなければ治らない場合があります。アラサーになったらスキンケアだけでなく、生活習慣を見直す努力が必要になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮本彰子

気持ちが重めな平成女。腰掛けOLから腰掛けホステスを経て、現在はお気楽OL兼、主婦(未婚)やってます。正攻法だけじゃ勝てない、恋愛の邪道を世の中に広めるべくWebライター始めました。