今年こそ絶対焼かない! 美容マニア愛用のUVアイテムで美肌を目指す!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2018.05.26.Sat

毎年、夏になると「今年は焼かないぞ」と意気込み、試行錯誤を重ねますが、秋になるとやっぱり日焼けをした跡が目立ってしまっている敏感肌&乾燥肌の筆者。
そこで今回は、美容マニア愛用のUVアイテムをご紹介します。今年は焼きたくないという女性の皆さん必見です。

遮光100%アイテムで徹底紫外線対策

筆者が毎日のケアで特にこだわっているのが、遮光100%アイテムです。日傘や帽子、アームウォーマーやストール、パーカーまで、種類はさまざまですが私は全て集めました。

遮光100%で有名なのが、
・「芦屋ロサブラン」
・「サンバリア100」
・「オルビス」
(遮光100%の帽子を販売中!)

遮光99.9%のアイテムでは紫外線は完全に防げないことが、芦屋ロサブランの研究で分かっています。遮光100%の商品は、焼きたくない方から日光アレルギーの方まで、幅広い人たちに信頼されています。
UVアイテムを取り入れるのなら、ぜひ遮光率にまでこだわっていただきたいもの。

スプレータイプを取り入れる

日焼け止めと言えば塗るタイプが主流ですが、ぜひ試してもらいたいのがスプレータイプです。スプレータイプの日焼け止めは首の後ろやデコルテ、手足の指先や指の間までムラなくケアできるのが魅力ですので、塗るタイプの日焼け止めの後には仕上げでスプレーをするのをおすすめします。
日焼け止めは3~4時間の効果と言われていますので、塗りなおすのも一苦労ですが、スプレータイプなら手が汚れることなくサッとその場でケアできますよね。ボディだけでなく顔まで使えるものだと、バッグに1本入れておけば良いので便利です。

遮光カーテンで反射光をシャットアウト

筆者が自宅で仕事をする際、机が窓の近くにあるため、窓からの反射光の影響が心配でした。そこで取り入れたのが遮光カーテンです。反射光を防ぐだけでなく、部屋の温度上昇を抑えられるため、快適に過ごすことができます。
意外と窓から入ってくる反射光って、日焼けしてしまうものです。

肌が弱い人はベビー用を上手に活用

0歳から使えるベビー用の日焼け止めは、アトピー体質の方や敏感肌の方を中心に愛用されています。普段肌が強いという方でも、夏場は過剰な汗や皮脂、そして何度も塗りなおす日焼け止めにより肌荒れしがちです。
そこでベビー用の日焼け止めを活用すれば、何度塗り直しても肌に優しく負担も軽減されます。肌質を問わず家族全員が使えるので、一家に1つ常備していると良いかもしれませんね。

飲む日焼け止めも主流に!?

昨年ブームとなった、飲む日焼け止め。皆さんは、試したことがありますか? 飲む日焼け止めを日焼け止めクリームと併用すれば、一日安心して過ごせます。仕事での外回り、子どもと一日外遊び……など、日焼け止めを塗り直すのが難しいシーンでは特に重宝するはず。
ちなみに筆者は敏感肌で、強い日焼け止めクリームだと肌荒れしてしまいがち。けれどベビー用だと少し頼りない……と思うことも。そんなときに飲む日焼け止めと出会い、日焼け対策に活用しています。

まとめ

いかがでしたか? 美白コスメを準備するよりも、まずは焼けないための準備の方が先です。今年は焼けない美肌を目指して、今から夏アイテムを揃えていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

【モデル・愛妻コンサルタント】フランスパリに美容を学びに留学後、美容カウンセラーとして活躍。その後、心理士として恋愛や結婚、夫婦問題のセミナーやカウンセリングを行っております。大好きなことは先にも後にも美容です。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/