美の落とし穴? 美肌になるにはアレが超大事だったんです!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2018.05.15.Tue

みなさんはスキンケアをするとき、どのプロセスに一番力を入れていますか? 化粧水? 美容液? 多くの人は「与えるケア=保湿」に力を入れるのではないでしょうか。しかし、化粧水や美容液など与えるケアの効果を最大限に引き出すためには、“落とすケア”がとっても大切なんです。
今回はクレンジングの重要性とその選び方についてご紹介します。

クレンジングが大事な理由

クレンジングや洗顔の後、キュッと肌が突っ張るような感覚を味わったことはありませんか? メイクや汚れがスッキリ落ちた証拠と思いがちですが、これは肌に必要な皮脂やうるおいが根こそぎ洗い流され、肌がカピカピに乾いている状態なのです。
落とすケアで肌のうるおいが必要以上に奪われてしまうと、与えるケアの時点でマイナスからのスタートになってしまうというデメリットも。クレンジング後の肌の乾きが気になる……という人は、今すぐクレンジングを見直しましょう!

クレンジングの種類と特徴

ひとくちにクレンジングと言っても、オイル・ジェル・ミルクタイプなど、種類はさまざま。それぞれのクレンジングの種類と特徴を押さえておきましょう!

オイルタイプ

クレンジングの中で一番洗浄力が高く、汚れ落ちがスムーズなのがオイルクレンジング。リキッドファンデなどしっかりメイクの人におすすめ。

ジェルタイプ

ジェルタイプはオイルクレンジングの次に洗浄力が高く、スムーズにメイクを落とせるのが特徴。みずみずしく弾力のあるテクスチャーなので、肌への摩擦を抑えながらクレンジングすることができます。

クリーム・ミルクタイプ

滑らかでクリーミーなタイプのクレンジングは洗い上がりもしっとりするため、乾燥肌の人にピッタリ。洗浄力はやや控えめなため、ミネラルコスメなど肌にやさしいベースメイクをお使いの人におすすめです

シートタイプ

シートタイプのクレンジングは肌への摩擦が気になるため、外泊時などの携帯用としてたまに使う程度がベター。

クレンジングの基本

メイクはしっかり落とす

洗浄力が弱いクレンジングは肌への刺激は抑えられますが、メイクの濃さによっては汚れが落としきれない場合も。メイクの洗い残しがあると、毛穴に汚れが詰まったり、肌荒れを起こしたりと、お肌にとってマイナスな面がいっぱい。
洗浄力にこだわることも大切ですが、一番大切なのは自分のメイクの濃さに合わせたクレンジングを選び、汚れをしっかりと落とすことです。

アイメイクはポイントメイクリムーバーを使う

人の皮膚の中で一番薄い部分は目元と言われています。とくにウォータープルーフのマスカラやアイライナーを落とそうとして目元をゴシゴシこすってしまうと、シワやシミなどエイジングサインの原因に。目元は普通のクレンジングとは別枠で考え、専用のリムーバーで優しく落とすよう心がけましょう。

洗い流す温度は32度くらいのぬるま湯

メイクを洗い流すときの水温は、人肌よりややぬるめの32度くらいがベスト。肌に必要な皮脂まで取りすぎないよう、ちょっと冷たいと感じるくらいの温度で洗い流してみてください。

クレンジング次第で化粧水の浸透も変わる!?

使うクレンジング次第で、肌の水分量・皮脂量にも大きな変化があらわれるもの。ものによっては、洗い流した後もうるおいがキープされ、すでに化粧水をつけたかのようなモチモチ肌に仕上げてくれるアイテムもちらほら。
自分に合ったクレンジングを見つけ、美肌への一歩を踏み出してくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

NY近郊在住のコスメコンシェルジュ。NY州認定エステティシャン。1児のママ。Instagramのフォロワーは3万人超。独自のコンプレックス解消メイクテクには定評あり。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/