“ツヤ肌=崩れやすい”は勘違い? 崩れないツヤ肌はこう作るんです!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2018.05.14.Mon

ここ数年、トレンドになっている“ツヤ肌”メイク。やってみたいと思いつつ、メイクが崩れやすそうでなかなかトライできずにいる……という人も多いのではないでしょうか? たしかに、ツヤ肌とテカリは紙一重と言われるように、一歩間違えると、せっかくのトレンド肌もテカリと化した暑苦しい印象になりかねません……。
今回はそんなツヤ肌のデメリットをくつがえす、“崩れないツヤ肌”の作り方をご紹介します。

崩れない肌=油分をきちんとティッシュオフ!

少し前までは、ツヤ肌を作るためにファンデにオイルや乳液を混ぜるという方法がはやっていましたよね。でも、もともと油性成分であるファンデーションに油分を混ぜてしまうと、肌は余計にオイリーに傾き、崩れやすい状態を招いてしまうのです。
つまり、よほどの乾燥肌でない限り、ファンデーションに乳液やオイルを混ぜる必要はないということ。むしろ、メイク前には念入りなスキンケアをし、肌に残った乳液やクリームなどはティッシュオフしておくことが大切なのです。

薄い層を塗り重ね、その都度ティッシュオフ!

崩れないツヤ肌を作るには、化粧品を厚塗りせずに薄い層を重ねていくことがポイント。さらに、すべてのプロセスの間にティッシュオフを挟むと、化粧品が肌に密着し、崩れにくいお肌を作ることができるのです。
それでは、詳しいプロセスをご紹介します。

1. 化粧下地

ツヤ肌を作るときは、ファンデーションの厚塗りはNG。コントロールカラーの役割がある下地を使えば、厚塗りしなくても色ムラやくすみなどをカバーすることができます。
また、テカリやすい部分には皮脂コントロール機能のある下地を塗っておくと、メイク崩れを防げるのでおすすめです。

【ティッシュオフ】

2. クリームorスティックタイプのハイライト

通常、ハイライトはファンデーション後に塗るイメージがありますが、下地のすぐ後に塗ることで内側から発光するような自然なメリハリを作ることができるのです。入れる位置はTゾーンと目尻周りのCゾーン。
クリームかスティックタイプのハイライトを選ぶとリキッドファンデーションとの相性も抜群です。

【ティッシュオフ】

3. リキッドorクリームファンデーション

顔にファンデーションをドット置きし、濡らしたスポンジでよく馴染ませます。その後、スポンジをタッピングさせながら叩き込み、肌とファンデーションを密着させましょう。

【ティッシュオフ】

4. クリームチーク

クリームチークを薄く頰にのせ、先ほどのスポンジでよく馴染ませます。塗りすぎないよう、少量ずつ塗布してくださいね。

【ティッシュオフ】

5. パウダーチーク

クリームチークのヨレを防止するイメージで、同系色のパウダーチークを頰にのせていきます。

【ティッシュオフ】

6. パウダーハイライト

先ほどの2の仕込みハイライトで立体感は出ていますが、よりパキッとしたツヤ感が欲しい場合はパウダーハイライトを使うのがおすすめ。ブラシにハイライトを含ませ、Tゾーン・Cゾーン・唇の山の上・顎にササっと塗りましょう。

【ティッシュオフして完成】

あれ? お粉はいらないの!? ……と思われる人もいると思いますが、薄い層を重ねてティッシュオフをすることでメイクの密着度が増し、崩れにくい艶肌を作ることができるのです。ここで全顔にパウダーをはたいてしまうと、せっかくのツヤ感もなくなり残念なことに……。
どうしても皮脂が気になる人は、Tゾーンのみにお粉をはたいておけば安心ですね。暑い夏こそ、崩れないツヤ肌メイクでジューシーな肌感を楽しんでください!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

NY近郊在住のコスメコンシェルジュ。NY州認定エステティシャン。1児のママ。Instagramのフォロワーは3万人超。独自のコンプレックス解消メイクテクには定評あり。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/