なりたい肌を目指して選ぶのがポイント! オススメ美白美容液4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2018.04.12.Thu

徐々に日差しが気になり始める季節を迎えたこの時期は、紫外線をしっかりと防止しつつ、美白ケアもより積極的に行なっていきたいところ。そこで、今回は美白美容液を選ぶ上でのポイントとオススメの美白美容液をご紹介します。

美白美容液を選ぶ上でのポイント

美白美容液を使う目的は、シミを防いで、くすみを解消したいといったことになるでしょうが、その他にどんな肌悩みを抱えていて、どんな肌になりたいかよく考えておく必要があります。例えば、美白以外に気になる肌悩みがあるかないかで選ぶ商品そのものが大きく変わってきます。
そして、実際に使用してみて確かな効果を実感できたら、数本使い続けてみることが大切。そのためには商品に手をのばす前に継続できる商品かどうか吟味する必要があります。
まずは価格。あまりに高価だと続けていくのは厳しくなります。また、使用方法が複雑だったり、自分の手持ちのコスメと被るような商品なら同時に使用するのが難しいかもしれません。そのあたりを慎重に検討しましょう。
この他、紫外線の影響を強く受ける環境にいる人は、ライン使いできるような商品を選ぶのもひとつです。

オススメの美白美容液

以上のことを踏まえた上で、オススメの美白美容液をご紹介します。

1. エピステーム ホワイトフォトショット(医薬部外品 30ml 税抜価格9,000円)

ロート製薬の先進メラニン研究から誕生した美白美容液で、2018年2月に発売されたばかりの商品です。従来の美白有効成分「コウジ酸」だけでなく、独自の成分「フォトショットコンプレックス」がメラニンの生成を抑制します。
浸透力が高く、べたつかない使用感なので、汗ばむ季節でも使いやすいという特徴があります。すでに定着してしまったシミにアプローチしたい人や肌全体に明るさを出したい人はぜひお試しください。

2. ONE BY KOSE メラノショット ホワイト(医薬部外品 40ml 税抜価格5,300円)

日本で初めて美容液を販売し、日本で初めてシミ発生源の3D解析に成功したコーセーの期待の新製品で、2018年4月16日発売です。
シミをつくるメラノサイトを直撃してシミのもとを無色化する美白美容液。みずみずしいテクスチャーで日焼けや乾燥で硬くなった肌をほぐして美容成分を隅々にまでしっかりと届けます。
そして、色ムラのない明るく透明感のある肌へと導きます。紫外線の影響を受けやすい環境にいる人や肌のごわつきが気になる人はぜひお試しください。

3. アルビオン アンフィネスホワイト ホワイトサージ ソリューション(医薬部外品 40ml 税抜価格10,000円)

2018年3月に発売されたばかりの美白美容液。美白だけでなく、エイジングケアも叶えたい人にオススメの商品です。肌へピタッと密着するような使用感で、シミのもとであるメラニンの生成を抑えます。そして、使い続けることで弾むような、ピンとハリのある肌へと導きます。
なお、同シリーズからはクレンジングオイル・洗顔料・乳液・化粧水・クリーム・ゴマージュも販売されているためライン使いも可能です。

4. ヨンカ エッセンシャル ホワイト ソリューシオン クラルテ(医薬部外品 30ml 税抜価格10,000円)

ブランド初の美白ライン。2018年2月に発売されたばかりの商品です。自然由来成分95%で作られているだけあって、穏やかで心地よい使用感が魅力。
不要な角質を除去しながらダメージにアプローチして明るく澄んだ肌へと導きます。こちらもエイジングケアすることができるので、穏やかな使用感で攻めのケアを求める人はぜひお試しください。

今年の春夏こそ、自分の肌にピッタリの美白美容液を使用して透明感のある白肌をキープしてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

エイジング美容研究家、美容ライター、@cosme公認ビューティスト。保有資格:日本抗加齢医学会正会員、アンチエイジングアドバイザー、スキンケアアドバイザー。1976年生まれ。ウェブサイトや雑誌の記事作成・監修を行う傍ら、ラジオや雑誌、企業のインフォマーシャルなどに出演。公式サイト「アンチエイジング ジャーナル」(http://antiaging-sachiran.com)