見た目年齢が変わる! 目の下のたるみにさよならするための方法4つ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠矢 晶子

Written by:

2018.03.31.Sat

人の印象は目で決まると言われているように、目の下にたるみがあることによって実年齢よりも老けて見られてしまいます。百害あって一利なし! それが目の下のたるみ! 実際、目の下のたるみに悩まされている方も多いはずです。
そこで今回は、目の下のたるみとさよならするための方法4つをご紹介したいと思います。

保湿がつくる! たるみ減少の地盤肌

肌のハリがなくなることが、たるみができる原因のひとつ。一度鏡でじっくりと目のまわりを見てみてください。小さな小皺が意外とたくさんありませんか? まずは肌をケアし、うるおい肌をつくることが大切です。
化粧水をして保湿クリームでフタをすること。そして重要なのは、このうるおった状態を「持続」させることです。注意すべきは予定なくすっぴんで一日中おうちにいるとき。肌の休息日として化粧をお休みしたとしても、必ず保湿をしてください。
冷房・暖房はお肌の水分を奪います。うるおいが足りなければハリは生まれず、反対に小皺ができやすくたるみを悪化させる原因になってしまいます。
つねにうるおい肌でいることを意識して、たるみ改善の地盤肌をつくってください。

水分で内側からたるみ撃退

肌のうるおいをたもつのに外からできることは保湿。そして、体の中からサポートできるのは水分をとることです。モデルさんのように毎日何リットルもの水を飲むのはつらくてすぐにやめてしまいがちなので、まずは小さな目標をもってみてください。
おすすめ方法としては、お気に入りのマイボトルを準備し、その中に入れた水を毎日必ず飲み切ることです。お気に入りのマイボトルなら常に持ち歩くことも苦ではありませんし、入っている水の量も明確。
わかりやすく達成しやすい目標をもつことで長続きすることができます。

Wの効果! 蒸しタオル

蒸しタオルは化粧水の吸収率をUPさせるだけではなく、血行促進を促すのに役立ちます。まずは蒸しタオルの作り方。水で濡らしたタオルをしぼったあと、ラップで包み、500Wのレンジで30秒チンするだけ。化粧水を使用する前に蒸しタオルを目に乗せるだけで、そのあとの化粧水の吸収率がぐんと上がります。
ただし、毛穴がひらくためそのあとの化粧水パッティングは丁寧におこなってください。化粧水をおざなりにしてしまうと逆に水分が失われてしまうこともあるので、注意してください。
また、血行がよくなるため肌にかゆみがでる場合もあります(特に夏場など)。もし自分に合わないと思えば即中止してくださいね。

「笑顔」で表情筋を鍛える

目の下のたるみは、肌のハリがなくなったことと合わせてもう一つ、筋肉の衰えが原因でおきる状態です。目の周辺の筋肉を鍛える体操などがありますが、どうしても面倒になってしまい、続かない人も多いと思います。そこでオススメなのは日常から意識して表情を変えること、「笑顔」をたくさんつくることです。
会社や家で、誰かと話すときは今まで以上に笑顔で話すことを心がけてみてください。そうすることで日常から表情筋を鍛えることができます。

目の下のたるみ対策は、ダイエット違い数値化されることもなく、数週間で結果がでることはありません。加齢と生活習慣によってつくられたため、根気強く生活の癖を見直すことが重要。すぐに変化がなくても諦めず、時間をかけてケアしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。