眉メイクが苦手な人に朗報! 美眉の描き方教えちゃいます!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2018.03.15.Thu

メイクの中で一番難しいと言われるのが、「眉毛」。読者のみなさんの中でも、眉メイクに時間がかかってしまうという人は多いのではないでしょうか? 自分に似合う眉を見つけることで、顔の印象はグッと引き立つもの。
今回は、眉メイクに対する苦手意識を克服し、最高の美眉が描けちゃう方法をレクチャーしていきます!

眉の黄金比率とは?

まず知っておきたいのが、眉の理想的なバランス。つまり、黄金比です。

1. 眉頭と眉尻が平行
2. 眉頭は小鼻の膨らみの延長線上
3. 眉山は黒目の外側の延長線上
4. 眉尻は小鼻と目尻の延長上

とくに重要なのが、眉頭の始点と眉尻の長さ。眉頭が目頭の延長線上よりも外側にきてしまうと、目が離れて見えたり、間延びした印象になってしまいます。逆に顔がきつく見られる方は、眉と眉の距離を少し開けると優しい雰囲気になるというメリットも。
また、長すぎる眉尻は老けた印象になってしまうため、適度な長さでとどめておくのがベター。

筆者流! 眉が上手に描けるプロセス

黄金比が分かったところで、次は筆者の眉で実践しつつ、ポイントをご紹介していきます! まず、用意するものはコチラ。
※( )は筆者が使用したアイテムです。

・フェイスパウダー(セザンヌ クリアフェイスパウダー)
・アイブロウペンシル(メイベリン マイクロペンシル)
・アイブロウパウダー(インテグレート ビューティートリックアイブロウ)
・アイブロウマスカラ(ヴィセ カラーリングアイブロウマスカラ)

1. 残念なスッピン眉

若かりし頃に好き放題眉毛を抜いてしまったため、今はまばら、かつ眉尻のない残念眉毛です…。

2. 眉周辺にフェイスパウダーを叩き込む

ファンデーションを塗った肌は油分が多く、眉を描こうとしてもなかなか色がのらず苦戦してしまうことも。事前にフェイスパウダーを仕込んでおくことで、眉周辺がサラサラになり、とっても眉が描きやすくなります。さらに、皮脂や汗などによる崩れも防げて一石二鳥!

3. ペンシルで輪郭を描く

眉上に太さを足してしまうと、目と眉の距離が開いて見えてしまうため、できるだけ眉下に太さを足していきましょう。このとき、眉尻を長く描きすぎないように要注意。

4. アイブロウパウダーで眉に色をのせる

色をのせるときは、眉尻から眉頭に向かってブラシを動かしましょう。眉頭が濃すぎるとバランスが悪くなってしまいます。

5. ブラシで色をぼかす

“描きました感”のある眉毛は悪目立ちするので、スクリューブラシで眉をよくぼかしましょう。描いた眉がすべて落ちないよう、軽めのタッチでぼかすのがポイント。

6. ハゲてしまった部分をペンシルで埋める

毛を1本ずつ描くつもりで、濃くなりすぎないようにしましょう。

7. 眉マスカラを塗る

アイブロウマスカラを塗るときは、左右に動かしながら塗布することで、毛をまんべんなくカラーリングすることができます。

8. 完成!

この方法なら最初の段階で眉の輪郭が決まってしまうため、その後のプロセスもスムーズに進められ、迷子になる心配がありません! また、すべての工程で重要なのが、力加減。とにかく“優しく”がポイントです。

ベストな眉の形を知るには実践あるのみ!
人によって骨格の形や顔の雰囲気が異なるため、似合う眉の形も人それぞれ。平行眉、アーチ眉、ナチュラル眉、太眉、細眉など、さまざまな形がありますが、まずはご自分の顔で試しながらしっくりくる眉を見つけてみてくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

NY近郊在住のコスメコンシェルジュ。NY州認定エステティシャン。1児のママ。Instagramのフォロワーは3万人超。独自のコンプレックス解消メイクテクには定評あり。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/