女性のたしなみ! 美しい姿勢の作り方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Akkiy-na

Written by:

2018.02.20.Tue

あの人綺麗、美しいと感じるポイントはさまざまあります。その中で姿勢は外せないポイントのひとつです。姿勢が悪いのは人生損していることと同じ。次の3つのコツを順に意識して、今日から美しい姿勢を手に入れましょう。

まず最初に…丹田を意識する

姿勢を整えるためにお腹に力を入れましょう、とよく聞くことがあります。お腹といっても範囲が広いですね。そこで目安にしたいのが、「丹田」という場所。まずは丹田に力を入れ、意識を向けることで、美しい姿勢を手に入れるスタートラインに立ちましょう。

丹田とは?

丹田とは、おへそから4本指下辺りにあり、エネルギーを司る大切な場所の一つです。また姿勢だけでなく、次のことにも優れた効果をもたらしてくれます。

冷えの改善

これからの寒い時期、女性の大敵となる冷えの問題。腹巻や湯たんぽ、ホッカイロを活用して、お腹とおおよそお腹の裏近くにある腎臓を温めることをオススメします。さらに丹田を意識していくと周辺の内臓も活性化し、冷えの改善につながります。

心が安定する

丹田が鍛えられてくると、心が安定すると言われています。また、腹が座るという言葉がありますが、何か予期せぬ出来事が起きたときに動じない自分を作るための軸としても、大切な場所だとされています。仕事の人間関係が良好になったり、家族との笑顔で過ごす時間が増えたり、冷静に物事が対処できるようになる傾向があるようです。自分の心も姿勢も一緒に整えていきましょう。

さらにココを意識して美しい姿勢を手に入れる!

1. 骨盤を立てる

骨盤が正常な位置でなければ姿勢が綺麗に見えないのはもちろん、肩こり、腰痛、骨盤が下がると腸が下がり便秘になりがちです。骨盤を立てるときに女性に多い気を付けるポイントは腰が反らないこと。反り腰の方は特に骨盤を立てる意識が必要です。まずは、簡単に始められる骨盤を立てる方法を実践してみましょう。

2. 丹田を引き上げる

おへそから4本指下の丹田に握りこぶしを作り、そのまま上に手を引き上げながら、丹田を天高く引きあげましょう。

3. 両肩を一度まわす

肩に入りがちな力を一度抜きましょう。両肩を回して、耳と肩の間を開くイメージを持ちましょう。

4. 首を伸ばす

寒くなると首が縮こまりやすくなります。軽くあごを引きながら首を伸ばすイメージをつくりましょう。

5. 一本の軸を感じる

最後に軽く目を閉じて、頭のてっぺんを天井高く押し上げるように伸ばしましょう。天から自分の体の中心にまっすぐ一本の線が下りてきているのをイメージしましょう。立ったとき、座っているとき、どちらも意識して行ってみましょう。

6. 膝が前を向く意識をする

足が開いている人を思い浮かべてみてください。膝が外に向いていませんか? 膝がまっすぐ前を向いていることで、太ももの内側が引き締まり、お尻のヒップアップにもつながります。ポイントは足の5本指をしっかり地面につけましょう。足元がふらついていては、ひざにも負担がかかりやすくなります。
下半身が整うと上半身がその上に乗り綺麗な姿勢が作られてきますよ。

いかがでしたでしょうか? 意識することから人は変わると言われています。まずは各体の場所に意識を向けて、美しい姿勢を手に入れましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Akkiy-na

おなかヨガ・セラピストライター
「丁寧な暮らし」を送ることが私のライフスタイル。
ココロとカラダの五感を通して穏やかな毎日を過ごすことが私の幸せ。
現在は、「おなかヨガ」・「こころのヨガ瞑想」・「気づきのセラピー」・「女性が心穏やかに喜びと共に過ごす」方法を言葉にしてお届する執筆活動中。
活動できるあたたかい場所と読者のあなたに感謝と幸せの祈りを込めて……!     好きなこと 瞑想・人生哲学・読書・旅     ブログ:http://ameblo.jp/5303653036/