誰からも好かれる柔和な美人に見せるメイクのコツ6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠藤幸子

Written by:

2018.02.10.Sat

第一印象から人に好感を持たれる人と、逆に第一印象で近寄りがたいイメージを与える人とがいます。その違いはその人の人間性によるものだけでは決してありません。ファッションやメイク、ヘアスタイルなど全体的な雰囲気に左右されるところも大きいといえます。そこで、今回は誰からも好かれる柔和な美人に見せるメイクのコツをご紹介したいと思います。

1. ツヤと透明感のあるベースメイク

肌が与える印象というのは、意外に大きいもの。お手入れの行き届いた美肌はそれだけで人に好感を与えます。日頃から丁寧なスキンケアを心がけましょう。
と同時に、メイクでは清潔感を重視することはもちろん、ツヤと透明感にウエイトを置いたベースメイクを心がけることが大切です。というのもこの2つを欠いた肌は老けた印象を与えたり、隙がなく、冷たい印象を与えることがあります。
そのため、シミやくすみは化粧下地やコンシーラー、コントロールカラーなどでカバーし、ファンデの厚塗りは避けましょう。また、ファンデは透明感とツヤのあるものを選ぶのが◎。リキッドやクリームにはこのタイプのファンデが多いので、その中から選ぶのもオススメです。
さらに、それらを乳液や美容液で割って使うとツヤと透明感だけでなく、保湿力もアップします。ただし、割る際は相性があるので、必ず手の甲などでよく混ぜ合わせて事前に相性を確認しましょう。

2. ライトブラウンの太め眉をぼかす

眉は顔全体の印象を左右するパーツ。そのため、濃く描きすぎたり、輪郭をしっかりとりすぎたりしてきつい印象を与えないように注意しましょう。
また、色選びも重要。明るい印象に見えるような明るめのブラウンで太めに眉を描き、仕上げはスクリューブラシでぼかしましょう。さらに眉マスカラを重ねて毛流れを整えるのも◎。形は少し丸みを出すとより柔和に見えます。

3. アイライナーやマスカラはあえて抑えて

アイライナーやマスカラで目元を盛りすぎるときつく見え、近寄りがたい雰囲気に見えてしまうことに。そのため、アイライナーやマスカラはブラックではなく、ブラウンなど柔らかさのある色を選んだりしてあえて控えめにメイクするのがオススメです。

4. アイシャドウはベージュ系でナチュラルに

アイシャドウはナチュラルに仕上げるのがポイントになります。ビビットなカラーや肌の色とかけ離れた色は避け、ベージュなど肌なじみがよく、目元に明るさをプラスできるものを使用しましょう。グラデは自然に作るのがベターなので、単色で仕上げてもOK。複数色使用する場合も締め色で目を囲ったりして作り込み過ぎないよう注意しましょう。

5. チークはほんのり蒸気したように優しげに

チークは骨格を強調するのではなく、血色をプラスすると柔らかい印象に見えます。色はコーラル系やピンク系、ソフトレッドなどがオススメです。形状はクリームやリキッドが◎。頬の高い部分を中心に丸く入れて境目はスポンジでぼかしましょう。

6. リップはコーラル系で快活に

オレンジは明るさを与えるだけでなく、人との距離を縮めるのに効果的な色。とはいえ、パキッとしたオレンジは印象が強過ぎてしまうことも。そのため、リップはオレンジを帯びたコーラル系がオススメです。さらに透明感とツヤのあるものを選ぶと、ほんのりとした色気と清潔感も出て男性ウケもよくなること間違いなし!

この他、メイク全般で気をつけたいのは、顔の曲線に沿ってメイクすることと、ツヤ感、そして、ぼかすことです。メイクで柔和な美人を演出して、人間関係を円滑にしてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠藤幸子

アンチエイジングアドバイザー、エイジレスビューティ—研究家、美容ライター、
@cosme公認ビューティスト。二児の母。
いつまでもキレイでいたいと願う女性に向けて、手軽に楽しくできるアンチエイジング法
を中心に月刊誌、ブログ、webサイト等で日々情報を発信中。
公式ブログ「★エイジレスビューティ—研究家の美肌ダイアリー★」
(http://sachirara.cocolog-nifty.com/blog/)