リップライナーで劇的美人に!? 唇のコンプレックスを消すちょいテク5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2017.11.21.Tue

突然ですが、リップライナーを使ったことはありますか? リップライナーは唇を囲うだけでなく、薄い唇をふっくら見せたり、鼻と唇の距離を近く見せたり、唇を立体的に見せたり……と、使いみちは無限大! 今回は今すぐリップライナーが欲しくなる使いみちを5つご紹介します。

基本的なリップライナーの使い方

リップライナーのもっともメジャーな使い方は、口紅を塗る前に唇を囲んで、唇の輪郭をはっきりさせるというもの。また、リップライナーを引くことで、口紅が滲むのを防ぐという効果もあります。

リップライナーのちょいテク5選

1: 口紅のロングラスティング効果アップ

飲食すると口紅が取れてしまうとお悩みの方も多いのでは? そんな方にぜひやってほしいのが、リップライナーで唇を塗りつぶすという方法。口紅の下にリップライナーを仕込むことにより、口紅の滲み防止・色持ちが良くなります。

1. リップライナーで縁取りし、その後唇全体を塗りつぶす
2. ティッシュオフする
3. リップブラシを使って口紅を塗る
4. 再度ティッシュオフし、口紅を密着させたら完成

2: 薄い唇を大きく見せる

ハリウッドスターのようなぷっくりとした唇って、とってもセクシーですよね。整形により唇を分厚くする人もいますが、リップライナーの力があれば憧れの唇だって手に入るんです。

1. 唇に刺激を与え、血行を良くする
2. 唇を保湿する。カプサイシン入りのリップグロスなどを塗ると、ふっくら感アップ
3. ティッシュオフする
4. コンシーラーで元の唇の輪郭を消す
5. リップライナーで理想の輪郭を描く
6. リップブラシで口紅を塗る
7. ティッシュオフして完成

3: 厚い唇を薄く見せる

逆に唇の厚さにコンプレックスがある場合は、リップライナーでお悩みを解消しましょう。

1. コンシーラーで唇の輪郭を消す
2. 唇が理想の薄さになるよう、リップライナーで輪郭を描く
3. リップブラシで口紅を塗る
4. ティッシュオフして完成

4: 唇と鼻を近づけて美人顔に

美人の条件は、目が大きいこと・鼻筋が通っていること・タマゴ型の輪郭など、いろいろありますよね。最近ではこれらにプラスして、鼻と唇の距離が近いことも美人の条件に。早速やってみましょう。

1. リップライナーで実際の唇より高めに山を描く
2. リップブラシで口紅を塗る
3. 唇の山にハイライトをちょこんとのせたら完成

5: 唇を立体的に見せる

ボヤッとした唇を立体的に見せたい場合もリップライナーは重宝するんです。光と影を上手く作り出し、立体的な唇を作ってみましょう。

1. 唇の山と下唇の中央をリップライナーで縁取る
2. リップブラシで口紅を塗る
3. 上下唇の中央にハイライトをのせる
4. 下唇の中央にノーズシャドウ、または肌よりやや暗めのベージュシャドウで影を入れたら完成

リップライナーで理想的な唇を手に入れて

リップライナーがあると、こんなにもメイクの幅が広がります。そして、唇に関するコンプレックスも軽々と解消することができるのです。ぜひともリップライナーを1本手に入れて、理想の唇を目指しましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

NY近郊在住のコスメコンシェルジュ。NY州認定エステティシャン。1児のママ。Instagramのフォロワーは3万人超。独自のコンプレックス解消メイクテクには定評あり。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/