顔痩せも叶う! 3割増しで可愛くなれるチークの使い方講座

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
熊谷真理

Written by:

2017.10.17.Tue

チークは頬紅という別名があるように、頬に血色をプラスして健康的な顔色に見せてくれる役割があります。でも、チークの役割はそれだけではありません! 塗り方によって小顔に見せたり、愛され顔を作ったり顔の長さやエラ張りをカバーしたりと、チークは女子の「なりたい」を叶えるキーアイテム。いろいろな使い方をマスターし、美しく変身しちゃいましょう!

基本的なチークの入れ方

まずはどんな顔型にも共通する基本的なチークの塗り方を見ていきましょう。

1: 頬の高い位置がチークのスタート地点

チークは高さが欲しい部分に一番色が濃くのるように意識して塗るのがポイント。鏡を見て満面の笑みを作り、頬の一番高くなる部分がチークの始点になります。

2: 始点からこめかみに向かって斜めに色をのせる

パウダーチークを使用する場合は色が濃くのりすぎないよう、チークブラシに粉を含ませた後に必ず余分な粉を振るい落としてください。クリームチークを使用する場合も一度に量を取りすぎず、少量ずつなじませると、おてもやんになる心配もありません。

顔型別・チークの入れ方

顔型にあわせてチークの入れ方を変えるとコンプレックスがカバーでき、より魅力的な仕上がりになります。

たまご型

基本的なチークの入れ方でOK。

丸顔

基本的な入れ方でOKですが、丸く入れてしまうと顔が膨張してしまうので、斜めに向かって細目に色をのせるのがポイントです。

面長

チークを入れる位置が高くなりすぎると顔の下半分が間延びして見えてしまうため、小鼻の膨らみの高さからスタートし、真横に向かって楕円形に塗りましょう。

ベース型

頬の一番高い位置から横に向かって楕円形に入れていきます。エラが気になる部分にはシェーディングを入れると顔がスッキリ見えます。

チークの2色使いで小顔になれる! 痩せ見えチークのやり方

小顔=シェーディングの出番と思いきや、チークだけでもキュッと小顔になれちゃうんです!

準備するもの

A. 肌よりダークなベージュチーク(パールなしがベター)
⇒シェーディングとして販売されている商品はダークすぎて肌になじませるのが大変ですが、ベージュチークならより手早くなじませることができます。
【筆者使用アイテム】coloricon 326B/wet n wild $2.99

B. メインカラーにしたいお好きな色のチーク(レッド、ピンク、オレンジ、コーラルなど)
【筆者使用アイテム】ミネラルシルクチークカラー ローズピンク/VINTORTE 3,300円+税

やり方

1: 口をすぼませて、くぼむ部分をチェックします

2: くぼんだ部分にAを塗り、境目をブラシでよくブレンドします。骨格本来のくぼみなので、シェードカラーをのせても不自然になりません。

3: それぞれの顔型に合わせた塗り方で、Bを塗っていきます。このとき、パール入りのチークを使うと、ハイライトなしでも立体感が出るので時短にも効果的。

チークをマスターすればオシャレの幅も広がる

アイメイクやベースメイクなどと比べると、やや優先順位が低いチーク。しかし、チーク次第で顔の印象は大きく変化します。手を抜くなんてもったいない! 自分の顔に合ったチークメイクをマスターし、あなたの頬をより魅力的に色付けしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

熊谷真理

NY近郊在住のコスメコンシェルジュ。NY州認定エステティシャン。1児のママ。Instagramのフォロワーは3万人超。独自のコンプレックス解消メイクテクには定評あり。
instagram : https://www.instagram.com/mari _loves_beauty/