目指せ、マイナス3歳! 若く見せるスタイリングヒント6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.09.21.Thu

必死に“若見せ”しようとは思わないけど、実年齢より若く見られたらやっぱりうれしい、というのがアラサー女子の本音ではないでしょうか。マイナス3歳くらいに見られたら理想的という声も……。そこで今回はそんな実年齢よりちょっと若く見せるためのスタイリングヒントをお届けします!

1: オーバーサイズ×ぴったりフィット感のあるアイテムでバランスをとる

若見えするスタイリングのヒントは、自分の体型をどれだけ熟知し、それに合ったコーディネートができるかにかかっています。オーバーサイズばかりだと全体がダボつくし、ぴったりとしたフィット感のあるアイテムばかりでも体のラインが丸見えになり恥ずかしい思いをすることに。オーバーサイズとぴったりとしたフィット感のあるアイテムを上手に組み合わせ、メリハリのあるコーデを考えてみましょう。

2: コーディネートはどこか1か所あえてはずしてみる、隙のない完璧コーデはNG

年齢が上がって、ファッションアイテムにもお金がかけられるようになるとどうしても隙のない完璧コーデを目指しがち。でもそれがかえってやぼったく、オバさんっぽく見えてしまうことがあるのです。
よく言われる“抜け感”、これが欠けていないかどうか、お出かけ前に全身鏡でよくチェックしてみて。カラーコーデ、素材、スタイリングテーマ(かわいい、カジュアルなど)……どれかワンポイントをあえて外してみましょう。

3: ハンドケアは気を抜かないで、保湿とネイルを忘れない

スタイルはいいし、メイクも完璧、髪だってツヤツヤ、これで完璧? と思いきや、ひとつ重大なポイントが抜けています。それは手や指先! これがカサカサだったり手入れの行き届いていない爪だと、もうそれだけで年齢がすごく感じられてしまうのです。思った以上に他人から見られているのが手や指先。だからハンドクリームでよく保湿して。なおネイルカラーは肌を明るく見せる視覚効果のあるベージュやクリーム色がおすすめです。

4: 流行アイテムを追いかけるのではなく、自分の体型に合ったアイテムを見つける

年齢が上がるほど、流行から取り残されたくないとトレンドに敏感になりがちですが、大人女子としては流行そのものより、自分の体型に合ったものを重視したいものです。だからトレンドアイテムに飛びつく前に、“これ、本当に自分に似合ってる?”と問いかけてみて下さい。100%確信が持てないなら、あえて手を出すのは止めましょう。迷ったときは、白Tシャツにデニム、こんな定番コーデがじつは最強の若見えコーデになるんです。

5: 手入れの行き届いていないロングヘアよりボブかショートに

ヘアもその人の印象を左右する大事なポイント。なかでもアウトなのはボサボサのロングヘア。年齢が上がるほどただでさえ髪はコシやツヤがなくなり、お手入れが難しくなります。忙しくて満足なケアができないなら、潔くショートやボブに。短くてもヘアカットとスタイリングで十分女らしい髪型にすることができます。行きつけの美容師さんとよく相談してみましょう。

6: あなたを若く、魅力的に見せる最強のツールはやっぱり自然な“笑顔”!

なんといっても最高の美容液と言っていいのは、やはり“笑顔”。その人の若々しさや美しさを決定づける一番のものは、なんといっても笑顔なのです。だってどんな美人でも、表情が険しかったり、目つきがするどいと敬遠しませんか?
どんなとき自然な笑顔が出ているか、鏡を見てよく研究してみましょう。恥ずかしがってはいけません、まずは自分の笑顔を好きになることです。そんな笑顔があなたをなによりも輝いて見せてくれるはずです。

▽ 参考記事(海外サイト):The 13 Most Common Style Choices That Age You

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。